ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【隣接世界】神保町線国会跡駅

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 

今回の隣接世界訪問目的は、医薬品の開発に関する相互技術交換だった。

この写真の駅標識は、こちらの世界の東京メトロ半蔵門線半蔵門駅のものである。大部分がこちらの世界のものと一致しているが、やはりいくつかの地名に差異が認められる。隣の駅が「国会跡駅」となっているが、現地に行ってみると国会議事堂は存在しており、国会機能もこちらの世界と全く変わらなかった。現地人曰く「防衛上の理由でわざと国会議事堂が存在しないように装っている」とのことだが、果たしてどれだけ効果的なのか疑問である。

言語に互換性がある隣接世界の場合、差が出やすいのが地名などの固有名詞やいくつかの単語の語法で、次に差が出やすいのがそれらによって影響を受けている(あるいはその逆とも考えられるが)考え方や常識の違いである。この写真の事例は、それが現れている例の一つと言えるであろう。

※この連載は著者がつくりだした「架空世界」の様子を画像と共に紹介するという趣旨のものです。画像と文章で表現された世界は実在しません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
oloの記事一覧をみる ▶

記者:

架空紙幣作家。4歳の頃、聖徳太子の一万円札の美しさに心を奪われ、紙幣デザインフェチとなる。現在では架空紙幣創作のほか、架空新聞記事、架空広告、合成写真を用いた隣接世界訪問写真などを創作している。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP