ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【隣接世界】抗弁法発動の動議

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

数ある隣接世界の中には、こちらの世界と言葉や常識が大きく違う世界も存在する。あまりにも時度差が激しい場合、安全を考慮して対象隣接世界への訪問をしないのが原則だが、事前検査や調査で安全性が確認できた場合に限って訪問することがある。

この写真は、そのような隣接世界の一つに訪問したときに撮影したもので、ある地下鉄駅入り口に掲示されていたものである。中央の記号及びルールの意味が全く理解できない。言語には互換性があるが、常識やルールの一部に全く互換性が無い例である。

※この連載は著者がつくりだした「架空世界」の様子を画像と共に紹介するという趣旨のものです。画像と文章で表現された世界は実在しません。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
oloの記事一覧をみる ▶

記者:

架空紙幣作家。4歳の頃、聖徳太子の一万円札の美しさに心を奪われ、紙幣デザインフェチとなる。現在では架空紙幣創作のほか、架空新聞記事、架空広告、合成写真を用いた隣接世界訪問写真などを創作している。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP