ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相次いでこの世を去った詩人と俳優、二人をつなげる映画と詩

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『祝婚歌』などで知られる詩人の吉野弘さんが1月15日、演出家としても活躍された俳優の高橋昌也さんが1月16日、それぞれ亡くなりました。相次いでこの世を去った二人は、2009年公開の日本映画『空気人形』で“共演”を果たしています。

『そして父になる』などで有名な是枝裕和監督の映画『空気人形』は、主演のペ・ドゥナさんが空気人形(ラブドール)役を演じ、空気人形が心を持ち、葛藤しながらも生身の人間を愛していくストーリーが話題となり、第62回カンヌ国際映画祭でも上映された作品です。

高橋さんは空気人形の心に大きな影響を与える老人役として、映画の中盤で、空気人形と出会います。人気のない公園のベンチに並んで座り、「空っぽ」という共通点で意気投合し、吉野さんの詩『生命は』を教えることになります。

「君、こんな詩を知っているかな?」
「し…?」
「詩を知らないか…まぁいい。いのちは…」

その後、ペ・ドゥナによる詩の朗読とworld’s end girlfriendの音楽からなる『水の線路』(空気人形オリジナルサウンドトラックに収録)が流れ、性別も年齢もさまざまな、劇中の登場人物たちの様子がしばらく描かれます。映画の世界観にマッチした『生命は』の全文は、(積極的に薦められませんが)インターネットで検索するとヒットします。

映画の終盤、老人は自宅で寝たきりの状態で空気人形と再会し、最後にこう語りかけました。「昔からね、手の冷たい人は、心があたたかいって言うのだよ…」。吉野さんと、偶然にも吉野さんの誕生日に亡くなった高橋さん、お二人のご冥福を心よりお祈りいたします。

画像: 映画『空気人形』公式サイト(キャッシュ)のキャプチャ
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:hmKs07CU6xMJ:www.kuuki-ningyo.com/+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP