ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2014年01月20日~01月26日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2014年01月20日~01月26日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:双子座

物事に行き詰まりうまくいかないと感じたらスタートラインに戻るのもひとつの手段です。また近いうちに周囲に変化が起きる兆し。今のうちから出来うる限りの事前準備をしたり計画を立てておくことが成功の秘けつです。驕らず心穏やかに過ごすことを心掛けて吉。

第2位:射手座

堅実さがツキを呼ぶときです。あまり冒険的なことはせず石橋を叩いて渡るくらい慎重に着実な方法を取ることが成功の鍵となるでしょう。また交渉事や話し合いは相手とふたりきりだとうまくいかない可能性が高いので客観的な第三者を交えて行うのが良さそうです。

第3位:水瓶座

これまで経験したことのない分野や知識のないことへの着手を求められるかもしれません。臆せず経験値が上がると思って引き受けてみることが良い結果につながるでしょう。ただしストレスや愚痴や不満が溜まりやすいときでもあるのでこまめに吐き出すことが大事。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/497264 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:蠍座
週前半は心配していたことが現実のものとなるなど我慢を強いられることが多くなりそうですが木曜日からは運気が上昇。新しく興味のあるものが増えたり或いはかねてからの希望が叶えられるなど嬉しいことがあるでしょう。情報のアンテナはしっかり張っておくこと。

第5位:乙女座
対人運が好調です。特に今週新たに知り合う人からは多くのことが得られるでしょう。火曜日と金曜日は出逢いに恵まれる可能性が高いので引きこもらずに出掛けると吉。あなたの対応次第で相手の態度も決まるので真面目に臨むのが良さそう。健康面には注意が必要。

第6位:山羊座
チャンスが巡ってくるとき。体裁を気にして恰好つけたり意地を張ったりせず積極的につかみにいきましょう。ただしその為に必要なことを怠け周囲に迷惑を掛けるのは禁物。せっかくのチャンスをふいにさせられてしまうかもしれません。うまく立ち回ることが肝要。

第7位:牡羊座
仕事運は好調。積極的な策に出て良い成果が得られそうな兆しです。しかし強引なやり口は同時に反感を買う原因になりかねないのでそのへんのバランスを大切にしましょう。また過ぎたことにいつまでもこだわるのは人間関係の悪化につながるので気をつけましょう。

第8位:牡牛座
思考が冴えているときです。しかし他者への配慮に欠ける面も目立ちやすいとき。言葉や態度がキツいと思われがちなので意識してソフトにしてみると良いかもしれません。落とし物や忘れ物には注意が必要。出掛ける前のチェックは入念に行ったほうが良いでしょう。

第9位:蟹座
何かとタイミングが合わずモチベーションが下がりがち。うわべのことばかり気にしていると足許が疎かになりそうです。全体のバランスを俯瞰して見るように心掛けましょう。また苦手を克服するチャンスがめぐってくるかも。すぐには無理でも時間をかけて挑戦して。

第10位:魚座
嫌な予感ばかり的中するような週となりそうです。そのぶんモチベーションの維持に苦労しそうですが適度にストレスを解消することが肝要。偶には自分を甘やかせてあげても良いでしょう。ただし夜更かしや食生活の乱れはダイレクトに響くので控えたほうが良さそう。

第11位:天秤座
やる気が空回りしてしまいそうなとき。行動する前にそれが本当に必要なことなのか或いは求められていることなのかをよく吟味すること。動かない決断もときには大事。また健康運にかげりが。小さな不調だと思っても油断せず早めに対処するよう心掛けてください。

第12位:獅子座
恋人や家族など近しい人との間に諍いが起こるかもしれません。話し合いが足りていないことが根本的な原因のようなので多少の無理をしても向き合う時間を作ることが肝要。また相手の言葉を茶化したり不真面目な態度で聞くのは禁物。隠し事せず正直に話し合いを。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP