ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地図上で言語を確認できる!? ビジュアル型翻訳サイト『European word translator』登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパの言語や地理に興味がある人にうってつけの翻訳サイトが公開された。

『European word translator』
http://ukdataexplorer.com/european-translator/

この翻訳サイトの特徴は、英単語を入力するとその結果が35パターン、ヨーロッパ地図上で表示されるというもの。

ご存知のとおり、ヨーロッパは国境によらず多言語、多民族が入り乱れる地域。

あらかじめ基礎情報を頭にインプットするのは一朝一夕にはできないが、このサイトがあれば「スペインの中ではこれだけ言語の違いがあるのか……」とか「チェコとスロバキアはこんな具合に発音が違うのか……」と目で位置関係を確認しながら単語、熟語を翻訳できる。

ぜひ一度、あなたの思いついた単語を入力して、ヨーロッパ文化の奥深さに思いを馳せてほしい。

※画像は『European word translator』から引用いたしました。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP