ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水木一郎アニキが、ラゾーナ川崎でLIVE!3時間フル熱唱!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ラゾーナ川崎』で行われた水木一郎さんのライブについて、高坂雄貴さんがレポートしてくれました。

水木一郎アニキが、ラゾーナ川崎でLIVE!3時間フル熱唱!!
2010年2月13日(土)ラゾーナ川崎5Fプラザソルにおいて、ねこのしっぽ主催『第一回かわさきTVまんが祭 水木一郎ソロライブ』が開催された。イベント主催である“ねこのしっぽ”が当初予定していたイベントの上演時間が2時間だったにも関わらず、何と3時間を超える熱血のステージが繰り広げられた。メドレーを入れて全40曲をトークを交えながら歌い切るという超ハードプログラムとなった。

水木アニキを間近で見ることができるチャンスとあって、わずか230席のチケットは即売状態。わずかに用意した当日券も、発売開始後すぐに売り切れ、開演1時間前から会場は期待に胸踊らすファンたちで埋め尽くされた。このだたならぬ熱気の中、祭りはスタートした。

開演時刻とともにまず姿を現したのは、司会進行を務めるショッカーO野氏。「かつては、アニメも特撮もみな“TVまんが”と呼ばれていました。そのテレビまんがの主題歌をだれよりもたくさん歌い続けてきたのが、我らが水木一郎アニキです!」とあおると、会場から割れんばかりの歓声。バックコーラスによる、どこか懐かしい『かわさきTVまんが祭のうた』のタイトルコールが流れると、聴きなれたイントロに乗って颯爽(さっそう)と登場した我らが水木一郎アニキ。『バビル二世』『ぼくらのバロム1』と、だれもが聞いた事がある主題歌目白押しの波状攻撃。客席のテンションはもはや“最初からクライマックス”と言わざるを得ない。

・1曲目からトークの内容まで全てアニキが構成!
今回の構成は、初めて訪れるお客さまもコアなファンも、だれしもが楽しんでもらえるようにと、水木一郎自身が練り上げたものである。「スーパーアニソンコーナー」に始まり、「エンディングコーナー」、「仮面ライダーコーナー」、「石ノ森章太郎コーナー」、「バラードコーナー」、そして「スーパーロボットコーナー」と、代表曲から隠れた名曲までを網羅。観客のツボを押さえた選曲、途切れる事のないトーク、ときに力強く、ときに軽やかに、ときに甘くせつなく訴える、表情豊かな威勢。アンコールの最後には、定番中の定番『マジンガーZ』を最高潮のボルテージでまとめ上げ、最後まで決してブレる事のない存在感を見せつけていた。

最後は水木一郎ライブでは恒例の『三本締めゼット!』。合いの手を全てゼット!で締めくくる。イベントの最後まで観客を飽きさせないという、これが水木一郎という男の計らいなのだ。

イベント開始から既に3時間強が過ぎている事に気がついたのは、全行程終了後だった。

セットリスト
曲タイトル:番組名
・バビル2世:バビル2世
・ぼくらのバロム1:超人バロム1
・サバンナを超えて:ジャングル大帝
・侍ジャイアンツ:侍ジャイアンツ
・グランプリの鷹(たか):グランプリの鷹(たか)
・テッカマンの歌:宇宙の騎士テッカマン
・ローラーヒーロー・ムテキング:とんでも戦士ムテキング
・行け!コン・バトラーV:超電磁ロボコン・バトラーV
・正義の超能力少年:バビル2世
・我が心のロゼッタ星:メガロマン
・君の仲間だスピルバン:時空戦士スピルバン
・タイムリミット:超人機メタルダー
・男はひとり道をゆく:怪傑ズバット
・道(タオ):獣拳(じゅうけん)戦隊ゲキレンジャー
・セタップ!仮面ライダーX:仮面ライダーX
・仮面ライダーストロンガーのうた:仮面ライダーストロンガー
・燃えろ!仮面ライダー:仮面ライダー(スカイライダー)
・はるかなる愛にかけて:仮面ライダー(スカイライダー)
・永遠のために君のために:仮面ライダーBRACK RX
・原始少年リュウが行く:原始少年リュウ
・氷河戦士ガイスラッガー:氷河戦士ガイスラッガー
・ハカイダ―の歌:人造人間キカイダ―
・嵐(あらし)よ叫べ:変身忍者嵐(あらし)
・ロボット刑事:ロボット刑事K
・チェスト!チェスト!イナズマン:イナズマン
・地獄のズバット:怪傑ズバット
・がんばれロボコン:がんばれ!!ロボコン
・勝利だ!アクマイザー3:アクマイザー3
・オー!!大鉄人ワンセブン:大鉄人17
・ほえろ!ボイスラッガー:ボイスラッガー
・わが友わが命:宇宙海賊キャプテンハーロック
・ムーへ飛べ:ムーの白鯨
・ルパン三世愛のテーマ:ルパン三世
・夢刈人:超神ネイガー
・鋼鉄ジーグのうた:鋼鉄ジーグ
・トライアタック!メカンダーロボ:合身戦隊メカンダーロボ
・コン・バトラーVのテーマ:超電磁ロボ コン・バトラーV
・おれはグレートマジンガー:グレートマジンガー
・キャプテンハーロック:宇宙海賊キャプテンハーロック
・マジンガーZ:マジンガーZ

・伝説の1000曲ライブから10年、持ち歌は1200曲に。
1999年。あの「24時間1000曲ライブ」*1 当時、テレビでその模様を目にした筆者は、是非その真相を本人から聞き出したいと思ったが、今回のライブで本人を目の当たりにした結果、質問をする必要がないと感じたのは言うまでもない。伝説は本当だった! 音楽史に足跡を残すライブを成功させ、周囲からギネスへの申請を勧められたときに、「記録ではなく、みんなの記憶に残ればいい」と言い放ったという水木一郎アニキ。あれから既に10年の月日が経ち、持ち歌の数も1200曲に増えた。次世代に、そして世界にTVまんが主題歌を広めるために、アニキの挑戦はまだまだ続くのだ。

次回は水木一郎さんご本人にイベント終了後に単独インタビュー!自身のライブにかける想い、歌にかける情熱、今後の展望、アニソンの将来。今、感じている事…全てを各回に分けてお届けします。請うご期待だゼーーーーット!

*1:24時間1000曲ライブ
1999年8 月30日から31日にかけて、アニソン番組『快進撃TVうたえモン』の企画として、山梨県の河口湖ステラシアターにおいて「24時間1000曲ライブ」を成し遂げた。また終盤の生放送での変わらぬ声の響きに「本当に24時間歌い続けたのか」という電話が番組あてに殺到するという逸話を生む。

水木一郎さんライブ情報
2010年4月29日(木・祝) スーパーロボット魂2010“春の陣” 会場:ZEPP東京
2010年5月4日(火・祝) ふたりのアニソン#7大阪公演 会場:大阪 心斎橋 BIG CAT
2010年5月5日(水・祝) スーパーロボット魂2010“春の陣” 会場:なんばHatch
お問い合わせ:バースデーソング(TEL03-3496-6998)
バースデーソング公式サイト:http://www.mmjp.or.jp/birthday/event.htm

リリース情報

『水木一郎TVサイズ主題歌ベスト』(コロムビアミュージックエンタテインメント)
http://columbia.jp/mizuki40/

CD-BOX『道~road~』(コロムビアミュージックエンタテインメント)
http://columbia.jp/mizuki40/

『水木一郎ベスト』(コロムビアミュージックエンタテインメント)
http://columbia.jp/mizuki40/

「超神ネイガー~正義ノ稲穂~」(ティー ワイ エンタテインメント)
http://www.tyent.jp/item/list.php?cid=19&gid=9

■関連サイト
水木一郎オフィシャルサイト
http://www.mizuki-spirits.com/
ねこのしっぽ
http://www.shippo.co.jp/neko/
ラゾーナ川崎プラザソル
http://www.plazasol.jp/

執筆: この記事は高坂雄貴さん(いと、まほろば)より寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
メダルはなぜ金銀銅か
普通の人のブログが読まれるようになるにはどうしたらいいか。
素足の効用

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP