体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィルムまで可愛い! インスタントカメラ『チェキ』にディズニーキャラが登場!  実際に撮影してみた

2013年11月15日(金)に『富士フイルム』からインスタントカメラ『“チェキ”instax mini 8 ミニーマウス』『“チェキ”instax mini 8 くまのプーさん』『“チェキ”instax mini 50S ミッキーマウス』が新発売。更に“チェキ”用絵柄フィルム『ミッキー&フレンズ』『くまのプーさん』『ふしぎの国のアリス』も一緒に登場。

その可愛いキャラ達の“チェキ”と“フィルム”を実際に使ってみました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 フヅキ)

『“チェキ”instax mini 8 ミニーマウス』『“チェキ”instax mini 8 くまのプーさん』

(公式サイトより)
今回発売する“チェキ”『instax mini 8 ミニーマウス』には、レンズ周りとグリップ部分に、ミニーマウスをイメージしたかわいらしいデザインが施されており、他のチェキと比較しても非常に個性的な外観です。
“チェキ”『instax mini 8 くまのプーさん』は、くまのプーさんと同じ黄色のボディに、ワンポイントでイラストが入っています。また、同梱のストラップも黄色と赤色でカラーリングしており、付属品を含め“チェキ”全体でくまのプーさんのイメージを表現しました。

ピンクボディが可愛いミニー仕様。

レンズ横のボタンを押したら電源ON!

撮ったらすぐ写真が出てきます。

ふんわり黄色が可愛いプーさん仕様。

フィルムの入れ替えも大きくて簡単。

“チェキ”instax mini 8は、適切な明るさの設定を自動で感知し、明るさ調整ダイヤルのランプを点灯してお知らせします。明るさ調整ダイヤルを回して、ランプが点灯している設定に合わせてください。

明るさ調節ダイヤルを「ハイキーモード」にセットすれば明るめなアーティスティックな写真が撮れます。(左が通常、右がハイキーモードで撮った写真です)

『“チェキ”instax mini 50S ミッキーマウス』

(公式サイトより)
“チェキ”『instax mini 50S ミッキーマウス』は、高級感のあるピアノホワイトのボディに、デビュー作の短編アニメーション映画「蒸気船ウィリー」(*1) に登場するミッキーのイラストをモノクロでさりげなくあしらっていますので、大人のディズニーファンの方にもお使いいただける商品です。

1 2次のページ
フヅキの記事一覧をみる

記者:

少女漫画やお菓子が大好きオタクです。生放送のお手伝いとか。 https://twitter.com/hudukimiyu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。