体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『物語』シリーズや『のんのんびより』が人気だったのん! ……あなたのお気に入りは?【2013秋アニメ完走レビュー】

物語シリーズ セカンド

アニメ好きの記者たちが好き勝手に感想を言い合うアニメクロスレビュー。今回は2013年秋アニメの中で、それぞれの記者が無事最終回まで“完走”した作品を1位~5位のランキングと総評でご紹介します。

超個性的な6名のレビュアー勢による秋アニメレビューですが、意外と似通った作品がランクインしている模様。流行語となった「にゃんぱすー」の発生源である『のんのんびより』は6名中4名が挙げています。その他『<物語>シリーズセカンドシーズン』や『京騒戯画』、『リトルバスターズ!~Refrain~』などに人気が集まりました。みなさんはいかがでしたでしょうか?

アニ二郎探検隊

革命機ヴァルヴレイヴ

1位 革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON
2位 リトルバスターズ!~Refrain~
3位 WHITE ALBUM2
4位 義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次酒語り~
5位 蒼き鋼のアルペジオ

12月に終了したアニメで完走した作品は6本、継続作品が多いので少なめですね。
1位はヴァルヴレイヴ。オリジナルロボットアニメのこの作品、ロボットのかっこよさと作画がきれいだったので最後まで楽しめました。完全無欠のハッピーエンドでは無いところも◎。登場人物たくさん死んじゃう作品は久しぶりな感じもします。

2位はリトバス
なるほどなるほどそういうことだったのか。。。
気長に見て主人公とヒロインの成長を見守りつつ、周りのキャラの熱い演技も良かったです。特に緑川光さんの演技は良かった。男キャラが非常に魅力的でしたね。こんな仲間がいるのは素直にうらやましいです。

3位はWHITE ALBUM2
1話見て案外面白いかもと思い、最後まで見ましたよ。
いやー ドロドロしてましたね。
ヒロイン2人のどっちに肩入れするか悩みます。
まだ、高校生編ということで大学生、社会人と原作はあるみたいなのでアニメ化希望!

4位は直江兼続
花の慶次好きなのでのんびり完走しました。
作画もいまいちだし、花の慶次の話に無理やり兼続ねじ込んでたりとところどころ気にはなりましたが、そのたびに漢字の漢と書いて男はそんな細かいこと気にしねぇんだよと思うことによりスルー。
完走が誇らしいです。

5位はアルペジオ
3DCGで動くキャラを興味深く見れました。
まだまだ進化の余地はあるものの技術の進化過程を楽しめましたね。
こういう新しいチャレンジをしている作品は話題にしていきたいです。

残念ながら6位の物語シリーズですが、正直ファーストシーズンを超える話でも無く惰性で見ていた感はあります。
そろそろ原作も完結らしいので最後まで通して見た上で、谷間のセカンドシーズンという評価を覆すのか楽しみにしております。

■以下、完走タイトル
義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次酒語り~
<物語>シリーズ セカンドシーズン
リトルバスターズ!~Refrain~
WHITE ALBUM2
蒼き鋼のアルペジオ
革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

藤本エリ

物語シリーズ セカンド

1位 <物語>シリーズ セカンドシーズン
2位 無し
3位 京騒戯画
4位 ぎんぎつね
5位 無し

完走したアニメがほとんど無かった2013年秋アニメ。正直TOKYO MXでの『ガルパン』『ラブライブ!』『ペルソナ4』『まどマギ』の再放送に夢中になってしまって……。その中でもダントツに面白かったのが『化物語セカンドシーズン』。2クールまたぎですが『猫物語』から『恋物語』まで楽しませていただきました。撫子だよ! シャフト全開な演出・作画は言わずもがなですが、重要キャラクターとのお別れとか涙する場面もあり。曲もどれもすごく良かったですね。その他は石田さん&鈴村さんのキャラが最高だった『京騒戯画』、常にテンションが安定してる『ぎんぎつね』が良かったです。来期に期待(もうはじまってるよー!)

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。