ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンタクトレンズを使うサッカー選手が裸眼でプレーに挑んだらどうなる? 珍プレー続出の動画『サッカー U-0.1選手権』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2014年は『FIFAワールドカップ ブラジル』の開催年。1月7日、架空のサッカー大会『U-0.1選手権』をテーマにした動画が公開されました。文字通り視力0.1以下のサッカー選手たちが裸眼でプレーに挑むというのですが、果たしてどんな結果になるのでしょうか。



動画はCGを駆使した『U-0.1選手権』のタイトルムービーに続き、出場選手へのインタビューシーンで幕を開けます。ふだんはコンタクトレンズを着用しているのに、今回は裸眼でプレーに挑む選手たち。「裸眼でも全然問題ないよ」「プレイは体で覚えているからね」と、口々に自信のほどをうかがわせます。でもフタを開けてみると……。


ボールがどこにあるか分からない!


ヘディングを空振り!


ボレーキックを空振り!と、珍プレーのオンパレード。


スローインのときには、タッチラインを踏んで中に入ってしまったりします。コンタクトレンズを着用したふだんのプレーと、感覚が全然違うのでしょうね。


試合後のインタビューでは「ごめんナメてたよ」「こんな大会出るんじゃなかった」「いつもと感覚が違いすぎる」と反省しきりの選手たち。皆さん、なんともお気の毒……。


動画は最後に「あなたの本来のパフォーマンスを発揮するために、“よく見える”ことはとても大切です」とメッセージを伝えて終了。スポーツをしない人でも、自分の視力矯正がちゃんとできているか考えさせられます。とはいえコミカルな珍プレーの数々は、見ていて気の毒ながらもついつい笑ってしまう内容。面白動画として楽しんでみては。

『サッカー U-0.1選手権』
http://acuvue.jnj.co.jp/fifa/index.htm?id=movieU0.1

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP