ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お風呂はNG?風邪に関する間違った常識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

熱を下げるために厚着をして汗をかこう!これって本当?

楽しい年末年始は暴飲暴食や寝不足に陥りがちです。風邪をひいたりして体調を崩す人が多くいます。風邪を早く治そうとして間違った知識で対処していることも少なくありません。今回は、世間でよく言われている「風邪に関する間違った常識」を見ていきます。

まずは「熱を下げるために厚着をして汗をかく」というもの。確かに、汗をかけば体温は下がります。しかし、風邪の症状によっては、厚着をすることで、かえって体に熱が溜まり、脱水症状になったり、体力が消耗したりしますので、必ずしも良いことではありません。厚着をしてかいた汗を拭けないでいると、湯冷めと同じように体が冷えてしまいます。寒気を感じるときは着込み、暑いときはほどほどに。そして、汗をかいた時はこまめに拭くようにしてください。

風邪の時のお風呂はNG!これって本当?

入浴は体を清潔に保つためにも、咽頭の加湿のためにも、また、気持ちの良い睡眠を取るためにも、高熱でなければ入っても問題ありません。ぬるめの温度に設定し、あまり長風呂をしないことをオススメします。ただし、体力が弱っている時や脱水状態の時は、ふらつくことがあるので、無理して入らないようにしてください。入浴後は、湯冷めしないように、できれば脱衣所を保温しておき、早く体を乾かして布団に入るようにしてください。

早く治したいから注射を打とう!これって本当?

これまで、風邪を早く治すために解熱剤や抗生剤の注射がされたこともありました。しかし、嘔吐の症状が強くて脱水している時以外は、注射や点滴は必要ありません。今、医師が処方するのは症状を軽くする内服薬が中心です。風邪は基本的にはウイルス感染のため、抗生剤は効かないのです。ただし、扁桃腺炎や肺炎を併発した場合は、抗生剤が必要となります。なかなか熱が下がらなかったり、汚い色の痰が増えてきたりしたら、主治医と相談してください。

体力をつけるために栄養をしっかり摂ろう!これって本当?

「風邪の時は無理をしてでも食べた方が良い」という考えもありますが、風邪を引いているときは胃腸の調子が落ちている場合が多いので、無理に食べると気分が悪くなることも少なくありません。脱水にならないように水分補給には気をつけ、食べ物は食べたい量だけを食べすぎないように摂ってください。

風邪は最終的には自分の体力で治すものです。できる限り、しっかりと寝て体を休めて免疫力を上げ、水分を適度に摂り、心地よい温度になるよう衣服を調節しましょう。扁桃腺や肺炎のような二次感染を防ぐため、手洗いとうがいは励行してください。また、周りにうつさないよう、咳をしているときはマスクを着用することを大切です。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP