ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の大学は、偏差値で輪切りにされている

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はsidaisyokuinさんのブログ『私立大学職員のブログ』からご寄稿いただきました。

日本の大学は、偏差値で輪切りにされている

大学で働いていてマズいなと思うことの一つが、教職員が未だに偏差値を気にしすぎていることだ。
大学がそれぞれ独自の特徴を出さなければ生き残れないのだ!という論があって、どの大学も頑張っているのだけれど、特徴の出し方が、どうも保守的に見える。
なかなか、ある一定の枠(偏差値の序列)から抜け出せない。
偏差値が高い方がエラい、ということになっていて、多くの大学が競って上位の偏差値を目指す、という状態になっている。

するとどうなるか。
例えば、総合大学は日本にたくさんあるが、どれも有名私大のコピーになる。
偏差値が高い方から順に、A大学(有名私立大学)→B大学(A大学のコピー)→C大学(B大学のコピー)となってしまう。

コピーと表現したが、誤解を恐れずにいえば「劣化版」ということだ。
上位の大学を超えるために、上位の大学の真似をして、超えて行こうとする。
しかし、上位の大学を模倣するだけでは、その大学を超えられないので、自然と「劣化版」になる。
こうした状況下では、A大学に入る学力があるのに、あえてC大学に入る、という選択肢はありえない。
だってC大学はA大学やB大学の劣化版だから。コピーが原本の魅力を超えないのは当たり前であろう。
学力さえあれば、A大学に入りたい。でも学力がない。だから我慢してC大学に入る。
本当はA大学に行きたかった。そういうことになる。
偏差値で輪切りになっているのだ。
そして、この輪切りになった偏差値に支配された価値観に、日本の大学全体が未だに汚染されている。
理由は、中の人である教職員が、この価値観から抜け切れないからだと考えている。

別に偏差値を否定しているわけではない。一定の評価指標になりうるだろう。
けれど、「偏差値を上げて、人気が出るように頑張ろう!」というのは、自分以外の誰かが作った基準に踊らされているという点で、相当に愚かしい。
偏差値を上げるために、受験科目を少なくする・・・・・・。そうなっては本末転倒だ(これは、もはやほとんどの私立大学がやっている)。
大学は、学生にどんな教育を提供できるか、ただそれだけで勝負すべきだ。
偏差値のような、操作可能な指標に踊らされてはいけない。

以上のようなことは、「偏差値に利用されている」からマズいのであって、逆に「偏差値を利用する」のならば、問題ない。
具体的には、「偏差値50以上の学生はいりません。入試を受けても落とします。優秀すぎます。偏差値40未満の学生だけ来てください。あなたたちを鍛え上げ、立派な職業人として送り出します。」という大学があっていい。
こういうことを、勇気を持って実行できた大学があったとしたら、その大学はもはや、上位の大学のコピーではなくなっているだろう。

執筆: この記事はsidaisyokuinさんのブログ『私立大学職員のブログ』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年12月27日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP