ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3世代目「Nexus 7」はASUS製、Intel Atomを搭載したモデルも発売されるという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleの3代目「Nexus 7」では、Intel Atomプロセッサを搭載したモデルも発売される予定だと、韓国メディアのBLOTER.NETが報じています。同サイトによると、次期Nexus 7の製造はNexus 7(2012)、Nexus 7(2013)に引き続きASUSが担当するそうとのことです。それは以前にも噂として伝えられていたことなのですが、同サイトは、次期Nexus 7では、ARMベースのプロセッサとIntel Atomプロセッサを搭載した2モデルが用意されるという衝撃的な情報を伝えています。情報が正確なものであれば、Nexusシリーズで初めてx86アーキテクチャーのSoCが使用されることになります。では一体どのAtomが使用されるのかというと、それは今年リリースされたAtom Z3000‟Bay Trail”シリーズとされています。SoC型番には触れられていませんでしたが、同サイトがASUSと取引のあるパーツメーカー関係者とした人物の情報によると、最近Intel、Google、ASUSの3社でAtomプロセッサの供給契約が交わされたそうです。その方は、次期Nexus 7の発売時期はまだ確定していないとしたうえで、‟2014年上半期中には発売されるでしょう”と述べたそうです。Source : BLOTER.NET



(juggly.cn)記事関連リンク
Yahoo! Japanの公式Androidアプリにタブレット専用UIが追加
イスラエルのセキュリティ研究チームがGalaxy S 4のKNOXアプリのセキュリティ上の脆弱性を指摘
KitKatバージョンのParanoid Android 4.0公式ベータが複数のNexusデバイス向けに配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP