体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カルト映画の神様が来日! トロマのロイド・カウフマン毒々インタビュー 「“絶対におもしろい作品を作ってやる”という気持ちが大事」

ロイド・カウフマンと毒々モンスター、東京へ行く!

『悪魔の毒々モンスター』シリーズ、『キラーコンドーム』などで人気を博し、おバカでグロくて下品で笑えつつも、強烈に皮肉の効いた傑作映画を量産してきた伝説の映画制作会社『トロマ』。そんな『トロマ』の顔であるロイド・カウフマン社長が、この度十数年ぶりの来日!

カウフマンが登場したのは、12/18に行われた『ファーザーズ・デイ-野獣のはらわた-』トーキョー・プレミアです。カナダの映像集団“アストロン6”が手がけたこの作品はトロマの全額出資によるトロマ作品。カウフマンはプロデュースのほか、映画の後半で“神様”役としてカメオ出演もしています。

関連記事:『パシリム』制作スタッフが手掛ける超ナンセンス映画がおもしろすぎる! 映像集団“アストロン6”の長編作品が日本公開

舞台挨拶には、作品に関係のない“毒々モンスター”も登場。司会は江戸木 純さん、通訳は元トロマ所属で映像作家の津野 励木(ツノ・レイキ)さんが務めました。
久しぶりに日本のファンの前に姿を現したカウフマンは、「ミナサンコンバンワ!安堂ロイド デス。じぇじぇじぇー!今でしょ!!倍返しダ!!」とのっけからぶっ放す元気ぶり。

その後、まじめに質疑応答を試みるも、カウフマンは「レイキと僕はホモセクシュアル」「ファーザーズ・デイの制作費は42億円」など嘘ばかりを言い放ち、「映画業界は嘘の世界だから、嘘を答えることが真実なのさ!」と微笑んでみせるのでした。

ロイド・カウフマン インタビュー

そして、光栄にもカウフマンさんにインタビューをさせていただくことができました。ご自身のルーツ、“アストロン6”について、トロマの美学など、いろいろ語ってくれましたよ。
江戸木 純さん、カウフマンさんの奥様であるパットさんにもご同席いただきました。

聞き手:ホラー通信 レイナス
通訳:津野励木さん

記者:まず、今回の来日について教えて下さい。

ロイド:日本には17日に来たんだ。先日シンガポールの美術大学に講義をしに行ってね、それを経由して日本に来たんだ。友だちの映画『ファーザーズデイ』が上映されるというんで、今回駆けつけたというわけだ。

記者:アストロン6は友だちなのですね(笑)。カウフマンさんは、『ファーザーズデイ』のプロデューサーとしてどんなことをされたんでしょうか。

ロイド:何をしたかって?(笑) すごくいい質問だ!
僕はプロデューサーとして、彼らに “金” を与え、そして “自由” を与えた。クリエイティブな面では、ごくわずかだが脚本も手伝った。だが基本的には彼らの好きなように作品を作ってもらったんだ。

記者:アストロン6の魅力はどんなところでしょうか。

ロイド:第一に“トロマのファンだ”というところだね!
あとは、ごく一般的な映画監督よりもオリジナリティがあったし、映画製作に対するやる気が違ったんだ。私が主催している“トロマダンス映画祭”に彼らがショートフィルムを出展していて、そこで彼らの才能を見出したんだ。トロマはこれまでも多くの才能を発掘しているよ。サウスパークを作ったトレイ・パーカーもその一人だ。アストロン6も彼のように才能を開花させるんじゃないかな。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。