体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸への扉が開かれた!『鬼平江戸処』出現 江戸情緒を味わえるテーマ型パーキングエリア

東北自動車道 羽生パーキングエリア上り線は、テーマ型エリア第2弾として江戸の町並みを再現した『鬼平江戸処』を12月19日に開業! 『鬼平江戸処』は、故・池波正太郎氏の時代小説「鬼平犯科帳」の世界観を中心とした江戸をテーマとし、民俗学者の神崎宣武氏の監修・指導のもと、アートディレクターの相羽高徳氏のデザインにより、建物から小物に至るまで「本物」にこだわった江戸の空気感溢れる空間です。ここからは「鬼平犯科帳」の世界を元に施設やメニューをご紹介していきますが、あたかも江戸時代にタイムトリップしたような本施設は、「鬼平犯科帳」ファンでなくても楽しめること間違いなしです。

外には羽生の隣町にあった、日光街道の入り口として栄えた栗橋関所が! 両端は屋根つきの障害者等用駐車場となっています。

正面は日本橋大通りとなっており、日本橋儀宝珠中が江戸時代の実際の寸法・形状で再現されています。立ち並ぶ大店(おおだな)はすべて小説に出てくる“盗賊に押し入られたお店”がモデル。

実在もしている日本橋の足袋問屋「大野屋」や、第1巻に登場する呉服問屋「近江屋(清兵衛)」、第2巻登場の線香問屋「恵比寿屋長兵衛」など、看板ごとにも彫り方や形などデザインが様々で、それを観るだけでも楽しい。

鬼平たちが生きた江戸の町を再現するため、建物が何十年も前からそこにあったかのように「エイジング」という技法で加工。時代考証をしながら、“わざと”傷や汚れの加工を施しています。

物語を彷彿とさせる刀傷があちらこちらに。

江戸の町と町の境界に設けられていた「番屋」と呼ばれる詰所と木戸も再現。横には史実にある犯罪防止に関わる「高札(こうさつ)」も立てられています。

作中で平蔵と密偵が連絡を取り合う際に使用している小物「つなぎ」もいろいろなところに散りばめられているので探すもの面白そう。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会