体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレビが楽器に早変わり『Braun Tube Jazz Band』が超カッコイイ!

Braun Tube Jazz Band

2010年2月3日~14日まで開催されていたメディア芸術祭。ここでは多くの現代アート作品が展示されていた。タマネギの生長の様子を順番に彫刻にした『growth modeling device』、微粒子の嵐を体験できる『Nemo Observatorium』、パチンコ玉が飛び跳ねて音楽を奏でる『ベアリング・グロッケンII』など、誰でも楽しめる作品が多かった。

growth modeling device

そのなかでも非常に注目を集めていたのが『Braun Tube Jazz Band』だ。これは旧式のブラウン管テレビを打楽器にしようという作品で、演奏者がテレビの画面に触れると、音が出るというもの。これはブラウン管から出ている電磁波が体を伝わり、ギターアンプに音声の信号となって入るという仕組みだ。演奏が始まるとテレビには様々な音が光の模様として映し出され、奏者がそれに触れることで音楽を作り出していく。普段見慣れたテレビが別のカタチに変わってしまう様子に、誰もが驚き、見入っていた。



この作品の作者の和田永(わだ えい)さんは多摩美術大学情報デザイン学科に在籍する学生アーティストだ。前作『Open Reel Ensemble』は学生CGコンテストで優秀賞に輝き、SUMMER SONIC 09にも出演している。この作品がどうして生まれたのか、インタビューをしてみた。

和田さん

――この作品のきっかけは?
ある日、テレビにケーブルを間違えて刺してしまったんですね。音楽の端子を、テレビの映像の端子につないでしまったところ画面には光のシマ模様が表示されて、「あっ、音って映像になるんだ」ということに気づいたのが最初のきっかけです。それが面白くていろいろな音を映像にして遊んでいると、ある日近くに置いていたラジオが音を出していることに気がついたんです。そこで、ふとギターアンプに刺したケーブルを手で持ってテレビに触ったら、スピーカーから音が出てきたんですよ。光の模様が音に戻った訳です。つまり、模様が映っているテレビからは、模様と同じ電波が出ていたんです。これにものすごく驚いて、作品のイメージが一気にできあがりました。

――この作品のテーマは?
生まれたころからテレビに囲まれた生活をしてますよね。毎日受動的にテレビ放送を見続けて来た。僕はメディアとのつきあいはそれだけじゃないとおもっていて、もっと能動的にテレビをみてみると。もう、テレビを叩け!!と。(笑)これで楽器になる訳です。
来年大量にブラウン管テレビは捨てられる運命にあると言われていますが、テレビを叩いて演奏している人たちが頭に浮かんだんです。これまでの役割が終わって、新しい使い方と音楽が生まれるかもしれない・・と妄想しました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。