ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もっと綺麗に殺し合おうぜ」北村一輝が美しきサイコキラーに……映画『KILLERS/キラーズ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


カルト的人気映画『冷たい熱帯魚』『凶悪』と、ハリウッドリメイクも決定しているインドネシアの傑作『ザ・レイド』の製作陣が贈る、空前絶後の劇毒エンタテインメント『KILLERS/キラーズ』。美しきサイコキラー・北村一輝が不敵に微笑む、ポスターと予告編が解禁された。

『KILLERS/キラーズ』は東京とジャカルタを舞台に、インターネットを通じて出会ったサイコキラーたちが、想像を絶する世界に導くサイコサスペンス。


サディスティックな残忍さと独自の美意識を貫くサイコキラー・野村を演じるのは、強烈な個性と演技が国内外で高く評価される北村一輝さん。


野村の殺戮映像に魅了される、ジャカルタのフリージャーナリスト・バユには、北村とともに『ザ・レイド-GOKUDO-』へ出演が決まっているインドネシアを代表する俳優オカ・アンタラが抜擢。国の違いも、育った環境も超えて通じ合い、殺しにのめり込んでいく男たち。二人が宿命の出会いを果たしたとき、血も凍るクライマックスが幕を開けます。

ポスター画像は、血のついた冷徹すぎる野村と、その後ろで狂気に感染されたバユの表情があまりにも不気味。予告編では、耳障りな雑音と血肉を割く生生しい音が混ざりあい、残虐すぎる映像がこれでもか!とばかり映し出されます。

野村の狂気がバユに感染したように、観る者すべてに狂気が感染するかのような仕上がりになっており、異例の「感染注意報発令中!」の文字も。『KILLERS/キラーズ』は2月1日世界最速公開。

http://www.killers-movie.com

【キャスト】北村一輝、オカ・アンタラ、 高梨臨 、ルナ・マヤ、黒川芽以、でんでん、レイ・サヘタピー
【製作総指揮】ギャレス ・エバンス『ザ・レイド』
【監督】モー・ブラザーズ
【脚本】ティモ・ジャヤント、牛山拓二
【製作】日活、ゲリラメラフィルムズ【協力】ポイント・セット
【配給】日活 (C) 2013 NIKKATSU/Guerilla Merah Films
日本・インドネシア/原題『KILLERS』/R18+/サンダンス映画祭 2014 正式出品

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP