ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アメリカ人が作るラーメンは本当に美味しいのか確かめてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ivan3

東京都世田谷区にアメリカ人が経営・調理をしているラーメン屋がある。

店名は店主の名前からつけられたもので『アイバンラーメン』という。店主のアイバン(Ivan)さんは日本映画『タンポポ』に触発されてラーメンに興味を持つことに。アイバンさんのラーメンマニア度はかなりのもの。

日本に住んでラーメン屋を開店してしまうほどである。

「アメリカ人がラーメン屋を始めたぞ」という噂はまたたく間にラーメン業界に流れた。時をかけずして広く知られることになった『アイバンラーメン』は毎日のように行列のできる店になった。

ivan

何よりも驚きなのが「一見さん」よりもリピーターが多いというところ。

ただ単に「アメリカ人が作っているラーメンを一度食べてみたい」という人が多いかと思えば「こんなに美味しいラーメンは他にない」と通い続けるファンが多いようなのだ(ラーメン通 談)。

あまりの人気に『アイバンラーメン』のインスタントラーメンが作られるほどである。

しかし実際に食べてみないと美味しいのかどうかはわからない。現に行列ができるラーメン屋なのに「さほど美味しくない」と言われているラーメン屋がけっこうあるのだ。

ivan5

『アイバンラーメン』で記者が注文したのは『塩全部乗せラーメン』(1100円)。注文してから2~3分ほどで出された『塩全部乗せラーメン』は量が少なく思えた。

スープを口に運んでみるとほんのりと上品な塩とダシの風味が口の中に広がった。

かなり繊細な味だ。濃いラーメン(たとえばラーメン二郎)が好きな人にとっては物足りなさを感じる味と量かもしれないが「これはこれで非常に美味しい」。アメリカ風ラーメンというよりはフランス料理の繊細さがあるラーメンといった感じだ。

麺は細麺で「麺独特のヌメリと臭み」がない。それゆえ繊細な塩スープにもよく絡んで上品な味を体験できる。スープと麺は繊細だが具の半熟玉子が濃厚で絶品だ。

スープが薄味なため半熟玉子の黄身の濃厚さが際立つのである。

ラーメンの量は少なめなので男性が食べるとすれば物足りなさを感じるかも知れない。そんなときは豚ローストトマト飯を一緒に注文するといい。白米とフレーク状の豚肉の上に加熱したトマトが乗っている小さな丼である。

よくかき混ぜて食べることにより絶妙なさっぱりとしたご飯を堪能できる(かき混ぜないで食べるとイマイチ)。

ivan2

濃い味が好きな人にはイマイチかもしれない。しかしさっぱりとした薄味が好きな人にはバッチリの美味しいラーメン。それが『アイバンラーメン』だ。

店名 / アイバンラーメン
住所 / 東京都世田谷区南烏山3-24-7
営業時間 / 月曜~金曜17:30~22:30 土曜・日曜 11:30~17:30
定休日 / 水曜日・毎月第4火曜日
最寄駅 / 京王本線 芦花公園
メニュー / 塩ラーメン800円、醤油ラーメン800円、全部乗せつけ麺1100円、
スパイシーレッドチリ麺800円、豚ローストトマト飯400円ほか

■最近の注目記事
苺ホワイトチョコレート餃子を作ってみよう
チョコレートたっぷりチョコレートラーメンを食べてみた
チョコレートを使ったハンバーグが女性に大人気
サラマンダーを食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

placeboの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。