体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“7日半持ち”をどれだけ超えるか? 『GALAXY Note 3』で『緊急時長持ちモード』を徹底検証

“7日半持ち”をどれだけ超えるか? 『GALAXY Note 3』で『緊急時長持ちモード』を徹底検証

ドコモ冬春モデルから一部端末に搭載された、緊急時にバッテリーの消費量を50%に抑えてバッテリーを長持ちさせる『緊急時長持ちモード』。ガジェット通信では以前、『GALAXY J SC-02F』を使ってこのモードでどれぐらいバッテリーが持つか検証を実施、なんと7日半バッテリーが持つという結果が得られました。

バッテリーが7日半持つ驚異の結果に! 『S4』後継の最新型スマホ『GALAXY J』の『緊急時長持ちモード』を徹底検証
http://getnews.jp/archives/452581

この記事は『Twitter』や『Facebook』の反応がよかったため、気をよくした編集部はもうひとつ『緊急時長持ちモード』を搭載する『GALAXY Note 3 SC-01F』を使って、同モードでどれぐらいバッテリーが長持ちするのか検証してみることにしました。

さらに大画面でスペックアップした『GALAXY Note』の最新機種

ペン操作 背面

『GALAXY Note 3』は、大画面ディスプレーを搭載し、タッチペンによる手書き入力などの操作に対応するスマートフォン『GALAXY Note』の最新機種。前モデル『GALAXY Note II』と比べて、OSはAndroid 4.2から4.3に、ディスプレーは5.5インチFWXGAから5.7インチフルHDに、クアッドコアCPUは1.6GHzから2.3GHzに、メモリーは2GBから3GBに、バッテリー容量は3100mAhから3200mAhにと、あらゆる面でスペックアップしたパワフルなスマートフォンです。

マルチウィンドウ機能

2画面のマルチウィンドウでアプリが使えたり、ペン操作の機能が強化されたりという機能上のトピックはありますが、実は『GALAXY Note 3』にも『緊急時長持ちモード』が搭載されているのです。

改めて『緊急時長持ちモード』をおさらい

緊急時長持ちモード

『緊急時長持ちモード』は、災害時などの緊急時に待ち受け状態を長持ちさせるために開発されたモード。震災時だけでなく台風などの災害時に活躍が期待される機能です。

『緊急時長持ちモード』に切り替え後は画面の色調を灰色にしてディスプレーの電力消費を抑えるほか、使用可能なアプリの数を制限、画面オフ時にデータ通信をオフに、Wi-FiやBluetoothの通信をオフにすることで電力消費を抑えます。これによりバッテリー消費量は50%に抑えられ、ドコモによると、アプリ使用時でもバッテリー消費量を10%削減する効果があるとのこと。

さらに長時間の電池持ちが期待できる?

バッテリー容量で比較すると、『GALAXY J』の2600mAhに対して『GALAXY Note 3』は3200mAhで約1.2倍の容量。『GALAXY J』よりもさらに長時間のバッテリー駆動が実現しそう。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会