ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年12月09日~12月15日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年12月09日~12月15日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:乙女座

恋愛運が好調です。特に価値観が合う人と話が弾みそう。相手の出方を待つよりも自分からアプローチして吉。ただしバランス感覚は大切にすること。好奇心が功を奏するときなので気になったことは積極的に関わって。家族とのトラブルには要注意。口は災いのもと。

第2位:魚座

秩序を維持しながら新しい段階へ進むときが来ているようです。過去の経験を洗い出し今後に生かしていくことが成功の鍵となるでしょう。がんばるときと休むときの緩急はしっかりつけることが大事。気分転換には小旅行や散歩などでいつもと違う景色に身を置くと吉。

第3位:水瓶座

今は環境や状況の変化を望むよりも目の前にあるやるべきことを片付けていくほうが先決のよう。折よく助けてくれる人も現れる兆し。また不安は的中する様相ですが今のうちに経験する我慢は後に活かされるでしょう。休日は趣味に存分に費やしてリフレッシュして。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/471249 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:天秤座
計画的に目標を実行に移すときです。ひとつひとつ丁寧にこなしていくことが肝要。ただし細部にこだわり過ぎてスケジュールを乱すのは得策ではないようです。休日はしっかり休養にあてること。予定をぎっしり詰め込み過ぎるとあとからガタがくるかもしれません。

第5位:蠍座
感覚が冴えわたっているとき。良くも悪くもさまざまなことを吸収できるときなのでできるだけ自分のためになる物と触れ合うように心掛けることが肝要です。将来性にすぐ結びつかなくても直感に従って吉。家族など身近な人の助言は素直に聞き入れることが肝要です。

第6位:双子座
物事の表層ばかりを見ていると本質を見逃してしまいそう。判断を下すときは慎重に。準備ができていないことを見切り発車するのは禁物です。対人運が好調。気になっている人とは積極的に交流を図りましょう。特に職場の食事会や飲み会などには参加したほうが吉。

第7位:獅子座
健康運に暗雲の兆し。調子が悪いときは無理をしないことが肝要です。また新たな交友関係が広がりそうなとき。興味を引かれた人とは連絡先の交換を忘れずに。週末は思うように時間が取れずにストレスが溜まりそう。休憩時間はきちんと取るように心掛けましょう。

第8位:牡牛座
人間関係のこまごましたことにわずらわされる一週間となりそうです。ささいなことにこだわらず受け流す術を身につけて。グループのなかでは聞き役など受け身でいるのが良さそうです。健康運に注意信号が点灯。無理をすると長引く可能性が。早めに対処すること。

第9位:蟹座
今感じる不満や不足はこの先のあなたに必要になってくるものの確認作業だと考えて。特に自分に足りていないものがあると感じたら習ったり学んだりする努力をスタートさせると吉。ただし何でも一足飛びに結果が出ると思わず焦らずじっくり取り組む姿勢が大切です。

第10位:山羊座
モチベーションの維持が難しい週となりそうです。周囲の人たちの協力を得ながらうまく乗り越えていきましょう。その為にもひとの意見を謙虚に聞き入れる姿勢を大切に。また自分の体面や体裁ばかりを気にしていると信用を失う恐れが。焦らずゆっくり進むように。

第11位:牡羊座
堅実で現実的な言動が求められるときです。大風呂敷を広げないように注意して。また自分を身の丈以上に見せようとすると無理が生じて苦労することになりそうです。ありのままの自分で勝負すること。できないことは正直にできないと断る勇気も大切にしましょう。

第12位:射手座
妙に浮足立っているようです。うっかりした発言や行動にはくれぐれも注意してください。特に親しい間柄であるほど礼節を忘れがち。むしろ普段から世話になっている親しい相手にこそ日頃の感謝を伝えましょう。トラブルは収束に向かう見通しですが油断禁物です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP