体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神風動画、能登ボイス、fripSide……超絶クオリティの“架空”アニメ「未来光子 播磨サクラ」90年っぽさがイイネ!

原子の宇宙で世界に潜む謎に立ち向かう人口生命体“G4型ピコドロイド”「播磨サクラ」。ボディを輝かせ、弓矢を出現させ、謎に向けて眩いレーザー光線「コヒーレント・アロー」を放つその姿は可愛さと格好良さを兼ね備えており、ロボットデザインもアニメ好きにはたまらない仕上がり、しかも楽曲はfripSide! こいつはかなり期待が出来そうな作品です。いつやるんですか? 来期ですか? と思っていたら、ナントこちら架空のアニメシリーズのOPなんです。

「未来光子 播磨サクラ」は2013年度グッドデザイン賞を受賞した世界最先端施設であるX線自由電子レーザー 施設「SACLA(サクラ)」のスペシャルサイト内で公開中のコンテンツ。この「未来光子 播磨サクラ」、架空だというのに、力の入れ方がハンパないんです。

・播磨サクラ役は人気声優の能登麻美子(能登かわいいよ能登!)
・テーマ曲「pico scope -SACLA-」はfripSideによる書き下ろし(とある科学の超電磁砲!)
・アニメー ション制作は神風動画(ジョジョOPも格好良かった!)

どうです、この豪華さ! 現在公開されている動画も、本当に「未来光子 播磨サクラ」という作品が実在しているかの様なクオリティ。

タイトルロゴの90年代感がたまりません!

ピコドロイド「播磨サクラ」の詳細設定は、SPring-8のホームページ上で2007年から掲載されている4コマ漫画 「エイトハカセ」から影響を受け、「projectpicodroid」チームによって制作されたもの。エイト・ドクターズ(0:35に登場)とライバルピコドロイド(0:58に登場)の キャラクターデザインも神風動画が手がけているので注目です。

短い動画ですが、能登ボイスもバッチリ。「フェムト秒 同期 !」 「レーザーパワー上昇! 最大30 ケブ 100 ギガワット!」「播磨サクラ、起動ッ!」という力強いセリフ、格好良いです。

また、映像内に表記されているクレジットタイトルは一部を除き、全て架空の人物・出版社名。原作者名の古 比蓮人(こひ・れんと→コヒーレント)、プロデューサー名の礼座美夢(れいざ・びいむ→レーザービーム)、 音響監督名の須羽昆(すぱ・こん→スパコン)等、世界一小さいものが見えるX線レーザーSACLAにちなんだユーモラ スなネーミングとなっています。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。