ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「KitKat Launcher」がv1.5.2にアップデート、ステータスバーの非表やアプリアイコン・ラベルのカスタマイズに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 5の「Google Home」を再現したホームアプリの定番となりつつある「KitKat Launcher」がv1.5.2にアップデートされました。今回のアップデートで、ホーム画面のアイコンを長タップするとショートカットが表示されるようになり、ホーム画面上でアプリ詳細ページを直接開いたり、ホーム画面から削除したり、「Edit」でアプリタイトルとアイコン画像を変更できるようになりました。また、ホーム画面からアプリアイコン下部に表示されるタイトルを非表示にすることもできるようになりました。このほか、有料版(Prime)ユーザーだけの機能なのですが、ホーム画面上でステータスバーを非表示にして画面を広く使うこともできるようになりました。「KitKat Launcher」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Xperia SO-04 初音ミクモデルとらくらくスマートフォン F-08E/F09Eの月々サポート・はじめてスマホ割を増額
Motorola、米国で「Droid Ultra」と「Droid Mini」のホワイトバージョンを発売
Android Tips:Android 4.4(KitKat)でFlash Playerを利用できるようにする方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP