ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

しぼりたての日本酒がその日のうちに! 完売必至の『元旦初しぼり』予約受付中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日に日に寒さが増す今日この頃。筆者は寒いのが苦手なのですが、食べ物が美味しい季節の到来は楽しみでもあります(ゲンキン)。特に、冬のお楽しみと言えば日本酒。お魚や鍋料理と一緒に冷酒や熱燗をいただく瞬間は「くぅ〜、日本人で良かった!」なんて思っちゃいます。特にお正月は美味しい日本酒とのんびり過ごしたいですね。

そんな日本酒好きさんにオススメしたい日本酒が『元旦初しぼり』。大晦日からしぼりはじめた日本酒が、元日に届くという夢のような商品なのです。

『元旦初しぼり』は、お酒や飲料がお得に買えることでおなじみのショップ“カクヤス”のオリジナル純米吟醸無濾過生原酒。元日にしぼりあげる生酒を自宅にいながら、しぼった当日に味わえることから 毎年予約期間中に完売してしまうほどの人気商品なのだとか。


しぼりたての日本酒がその日のうちに飲める!? これがどういう仕組みなのかというと……

【2014年元日お届けまでの流れ】

1:大晦日~ 新潟の醸造元で、大晦日からしぼり始め、元日未明にしぼりあげ
2:元日 6:00~ 瓶詰めして新潟を出発
3:元日 12:00~ 東京配送センターへ到着
4:元日 16:00~ カクヤス各店舗へ到着
5:元日 17:00 以降 順次お客様のお手元に!

と、カクヤスだからこそできるスピーディな発送がこの『元旦初しぼり』の秘訣というわけです。

純米吟醸の繊細な味わいと、無濾過生原酒のフレッシュな味わいは、年始のおめでたい品としては勿論のこと、蔵元毎の飲み比べも日本酒好きにはピッタリ。


「白龍 元日初しぼり」

新潟県の中でも良質な米が産出される越後平野の中心、阿賀野市にある白龍酒造は、創業1839 年。新潟県内で収穫される酒造好適米「五百万石」によって醸しだされる酒は、味わい深くて飲みやすい、毎晩でも飲みたくなる日本酒。日本酒初心者にもおすすめです。


「ほまれ麒麟 元日初しぼり」

新潟県と福島県の県境に位置する下越酒造。ここは寒暖の差が大きい豪雪地帯で、日照時間が短く『川霧』が発生する湿潤な風土。醸造をするのに適した自然環境。自家精米機などの設備を充実させながらも、麹の仕込みは杜氏による手作業に徹底的にこだわる、妥協のない酒造り。越後流の本物の「淡麗辛口」をお楽しみ下さい。

自宅用にはもちろん帰省時へのお土産にしたり、お世話になった方へのプレゼントにも喜ばれそう。カクヤスは、お酒以外にもお水やジュース、おつまみやスナックなども宅配してくれるので、年末年始の集まりにピッタリです。

一年に一度のお楽しみ『元旦初しぼり』。予約締切は12月8日ですが、数量限定のためその前に売り切れてしまう可能性も。予約はお早めに!

元旦初しぼり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP