ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋葉原『マンモスカレー』の1キロカレーを食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

萌えと家電の街・秋葉原に、1キロもの大容量カレーを出すカレー屋さんがあるという。1キロ!? つまりそれは、体重50キロの人がカレーを食べて店を出るとき、51キロになっているということ! しかもその1キロカレーは店のメイン料理らしく、多くの客が普通のカレーを注文せず、1キロカレーを注文するのだとか。このダイエット時代に1キロも太れるカレーが人気だというのか!! ということで、さっそく1キロカレーを出す店に記者3人で行ってみた!

1キロカレーを出す店は秋葉原の路地にある『マンモスカレー』。店の名前からしてボリューム感が……。店内に入ると、香ばしいカレールーのニオイが漂っている。なんだかなつかしい、おばあちゃんが作ってくれた『バーモントカレー』のようなニオイである(記者の思い出)。これは美味しそうだ! 着席してメニューを開いてみると、他のカレーよりも1キロカレーが一番大きく掲載されていた。普通の場合、大盛りメニューは一部の客しか注文しないため、ひっそりとメニューのはじっこに掲載されているものだが、『マンモスカレー』ではどんなカレーよりも大きく1キロカレーが掲載されていた。これを注文しろと言うのか!? よし注文しよう!

メニューには「ごはん600グラム、カレールー350グラム、豚しゃぶ100グラム、生卵45グラム」と書かれている。合計してみると……えーと、えーと……、1キロじゃなくて1.1キロカレーじゃないか! 本当にそんな量を食べられるのかと不安になりつつ1キロカレー(約1.1キロカレー)を待つこと5分、ついにヤツがやってきた。ドンとテーブルに置かれた皿には、どっしりとご飯が盛られており、あふれんばかりのカレールー、そして豚しゃぶが! そして別皿で生卵が出された。

カレーの良い匂いがホワァ~ンとしている。かなり食欲をそそる匂いだ。生卵をカレーに乗せ、さっそく食べてみることに! こ、これは! かなり家庭的な味をしており、店内に入ったときの香りと同様に、『バーモントカレー』に非常によく似た味がする! もちろん『マンモスカレー』独特の味のハズなので、『バーモントカレー』そのものというわけではない。どんどん食が進む! 豚しゃぶの味、生卵の味、カレーにベストマッチな水分量で炊きあげられたご飯、どれをとっても美味しい!

味に関して嘘偽りなく批評するならば、「隠れた名店!」や「メチャクチャ美味しすぎる!」とは言えない店である。しかし、安心できる味を提供してくれる店であり、お腹がすいてタップリと食べたいとき丁度良い店であるのも確かだ。秋葉原に行くことがあれば、一度立ち寄ってみてはいかがだろうか? あくまでこの批評は記者がしたものであり、すべての人たちがそう感じるとは言い切れないのであしからず。

ちなみに『マンモスカレー』はインターネットで流行しているコミュニケーションサービス『Twitter』(ツイッター)をしており、店員が書き込みをしているようである(マンモスカレーちゃん http://twitter.com/1kgcurry )。食べに行く前に『マンモスカレー』の『Twitter』をチェックしてみると楽しいかもしれない。

店名: マンモスカレー
住所: 東京都千代田区外神田3-2-11 遠藤ビル1F
営業時間: 11:00~21:00
料理: 1キロカレー(950円 / 2010年1月現在はサービスで880円)、カツカレー(750円)ほか
URL: http://www.1kgcurry.com/

■最近の注目記事
秋葉原『マンモスカレー』の1キロカレーを食べてみた
美人すぎる藤川議員が出馬!? 佐々木後援会長「そんな簡単にはいかない」
マクドナルドの食べ放題に行ってみた! 食べきれずゴミ箱に捨てる人も
ゴキブリが入った味噌汁を食べる動画が公開される! 躍り食いも!?
マクドナルドでポテトとドリンク飲み食べ放題! 公式なの? もちろんさ!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP