ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡田斗司夫『劇場版魔法少女まどか☆マギカ』を超高評価 TV版ガンダムに並ぶ92点!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

11月4日、ニコニコ生放送にて

「ニコ生岡田斗司夫ゼミ『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を金払って観たから言いたいこと言うよ!」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv157729940

が放送された。

オタキングこと岡田斗司夫さんが、話題の作品『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』について語るというもの。

番組内で、岡田さんはさまざまなアニメ作品を5つの要素から独自に採点。

1.パッケージ
制限とか枠の中でどれだけ満たされているのか。
――例えば、平日の夕方に放映なら、家族向けとしてちゃんと楽しめているか。
まどか☆マギカ(まどマギ)は”深夜で観るもの”として考えた

2.普遍性
古くなりにくさ

3.映像のセンス
音や声優さんの演技なども含む

4.社会性
社会へのよい影響力を持っているかどうか

5.ビジネスとしての成功度

といった要素についてそれぞれ20点の合計100点満点で採点したところ、

風立ちぬ 95点
TV版ガンダム 92点
TV版エヴァ 87点
TV版ガンバの大冒険 85点
エヴァ新劇場版 85点
TV版まどか☆マギカ 80点
TV版ハルヒ 63点

といった点数がつけられる中で『まどか☆マギカ』の劇場版新編は92点という高得点をマーク! 岡田さんがさまざまなアニメの中で限界点・最高峰と位置付けるTV版ガンダムの92点に並ぶという超高評価をしていた。
何故にこのような高得点になるかについて詳細な解説がなされており、『まどか☆マギカ』を鑑賞した方には大変興味深い内容となっていると思われる。
また「山本太郎直訴問題」や「黒子のバスケ脅迫問題」についても言及していた今回のニコニコ生放送。
興味のある方はタイムシフトでご覧になってみてはいかがだろうか。

※画像は『niconico』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP