ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」の筐体デザインが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」の実物の写真が中国で公開されました。写真は、BBKのPRマネージャーが自身のWeiboページで公開したものなので、Vivo Xplay 3S実機だと考えられます。写真によると、本体はけっこう薄くて全体的にフラットな形状です。端末を持っている手の大きさから画面サイズも大きめと予想されます。PRマネージャーによると、本体の前後にはゴリラガラス3が貼り付けられており、側面フレームにはステンレス素材が使われているそうです。iPhone 4/4S、Xpeira Z1に近い作りですね。Vivo Xplay 3Sは、5.7インチ2,560 x 1,440ピクセル(WQHD)のディスプレイ、Snapdragon 800 MSM8974AB 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、3,400mAhバッテリー、Hi-Fiチップなどを搭載。ワイヤレス通信機能ではFDD/TDのLTEに対応しています。Source : cnBeta



(juggly.cn)記事関連リンク
Qualcommのモバイル向けGPU「Adreno 400シリーズ」が2014年初旬に新Snapdragonと共に発表されるとの噂
LG G2は年内にもAndroid 4.4(KitKat)にアップデートされる見込み、フランスのキャリアが公開したアップデートスケジュールに明記
Android版「Chrome Beta(31.0.1650.42)」がリリース、Android 4.4(KitKat)向けにシンプルなタブスイッチャーと印刷機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP