ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年10月)、ついにJelly Beanのシェアが50%を上回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのAndroid Developersサイトで2013年11月1日までの7日間におけるAndroidのバージョン別シェアが公開されました。バージョン別シェアの順位は、1位がJelly Bean(48.6%→52.1%)、2位がGingerbread(28.5%→26.3%)、3位がICS(20.6%→19.8%)、4位がFroyo(2.2%→1.7%)、5位がHoneycomb(0.1%→0.1%)という結果でした。前回の記事で予想した通り、今回でJelly Beanがシェア50%を上回り過半数を占めました。昨日、Android 4.4(KitKat)が発表されましたが、今回の統計データには登場していません。KitKatでは、RAM要件が下がってローエンド端末への導入も容易になったことから、今後、KitKatはJelly Beanを上回るスピードでシェアを拡大していくと予想されます。UIの作りが大きく変化したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から2.7ポイント増となる72.0%、Gingerbread以下は28.0%になります。



(juggly.cn)記事関連リンク
日本のGoogle PlayストアにおけるNexus 5の発送時期が‟11月8日までに発送”に変更
Yota Devicesが2画面スマートフォン「YotaPhone」のプロセッサをSnapdragon S4 Pro MSM8960T 1.7GHzにアップグレード
ストリートビュー写真を撮影できる「Photo Sphere」機能は、Android 4.4(KitKat)で仕上がりが大幅に改善、レンダリング時間も短縮

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。