ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コルグの『KAOSSILATOR』がパワーアップ!『KAOSSILATOR PRO』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kaossilatorpro

コルグは、タッチパッドで直感的に演奏・録音ができ、2007年の発売以来ミュージシャンやDJなどに愛用されているシンセサイザー『KAOSSILATOR』の上位機種『KAOSSILATOR PRO』を3月下旬に発売します。価格は5万400円(税込み)。

リードやベースといったシンセサウンド、複雑なパターンを含むドラムサウンドのほか、ピアノやトランペットなどのアコースティックサウンドを含む200種類の音源を内蔵。タッチパッドに触れるだけでメロディやフレーズが演奏でき、楽器の演奏経験がないユーザーでも簡単に演奏ができます。

『PRO』では、ドラムサウンドを強化し、ボコーダー(声のように演奏する電子楽器)プログラムを搭載。ハード面では、パッドを大型化し、テンポに同期して連続的に発音するゲート・アルペジエーターのゲートタイムやスピードをコントロールできるスライダーを新たに搭載しているほか、最大8コまで登録できるプログラムメモリーキー、最大4小節までループ録音できる4コのバンクボタンが追加されています。

録音機能では、ラインとマイクからの外部入力を使ったループ録音が可能に。本体の内蔵音源によるループフレーズをバックに、ボーカルやラップ、外部から取り込んだ音声を重ねてレコーディングできるようになりました。

外部機器との連携も強化。MIDIのIN/OUT端子とUSB端子を装備し、アプリケーションや外部MIDI機器をコントロールしたり、パソコンに録音データをバックアップできます。録音データの管理やMIDI機器のコントロールに利用する専用アプリケーション(Windows XP/Vista/7、Mac OS X 10.4以降に対応)は、ホームページから無償で配布します。録音データやユーザー設定は、本体のSDカードスロットからSDカードに保存可能です。

『KAOSSILATOR PRO』仕様
プログラム数:リード(40)、アコースティック(15)、ベース(30)、コード(30)、SE(25)、ドラム(20)、ドラムパターン(25)、ボコーダー(15)
スケール数:31
キー設定:±12
サンプリング周波数:48kHz
AD/DA:24bitリニア
入力端子:ライン(ステレオRCAピンジャック)、マイク(モノラル標準ジャック)
出力端子:ライン(ステレオRCAピンジャック)、ヘッドホン(ステレオ標準ジャック)
外部記憶装置:SDカードスロット(16M~2GB)
MIDI:IN/OUT
USB端子:タイプB
電源:DC9V
本体サイズ:W210×D226×H49mm
重量:1.3kg
付属品:ACアダプター、タッチパッド保護シート

■関連記事
1台で完結するDJ機器『nextbeat』製品レビュー
DJプレイが1台で完結!ワコムが『nextbeat』を正式発表
『スタイロフォンビートボックス』で「ぶんつくぶんつく!!」楽しもう

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。