ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがGoogle Glassのようなメガネ型デバイスのデザイン特許を韓国で出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが、韓国特許庁に‟sports glasses”というメガネ型デバイスのデザイン特許を出願していたことが明らかになりました。このデザイン特許は今年初めに出願され、最近になって公開されました。出願時に提出された資料などによると、このデバイスはスマートフォンと連動してスマートフォン側の通知を表示したり、イヤホンが一体となっており、トレーニング中に音楽を聴くこともできます。ディスプレイは透明または半透明のどちらかが使用されることになっています。外観や機能などの多くの点は、Googleが開発中の「Google Glass」に似た感じですが、Google Glassの本体が普通のメガネであるのに対して、Samsungのものはスポーツサングラスのようなスポーティーなデザインを採用している点が異なります。スポーツ中の使用に特化した設計なのかもしれません。Samsungは出願資料のようなメガネ型デバイスのリリース予定は明らかにしていませんが、デザイン特許を出願したことから、このような製品の開発を進めている可能性が高いと言えます。Samsungは2014春頃に“Gear Glass”という製品ブランドのメガネ型デバイスを投入するという噂もあります。Source : WSJ



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向け日本語入力アプリ「Simeji」がv6.4にアップデート、「みんなの辞書」機能が追加
Nexus 5発売日の噂、Google Playストアでは10月31日に発売開始
ストリートビューのようなパノラマ写真を撮影・共有できるカメラアプリ「Sphere」がXperia Z1のカメラプラグインに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP