ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高度3万8000メートルの成層圏からのダイブ映像が怖すぎる! 最初は空気がないから服もなびかないほど

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


高度3万8000メートルというもの凄い高さから飛び降りる映像が公開された。3万8000メートルといえば成層圏で、空気もない状態。そんな場所から地球の地上まで一気に飛び降りる映像が公開された。その9分間の映像がノーカットで公開されている。

成層圏にいる時点で地球の丸い形がハッキリとわかり、落下中なのに服もピタっとしている。空気がないことを物語っているようだ。高度20000メートル付近に達すると、ようやく風で服がなびきだし空気が存在したことがわかる。

3万8000メートル(約38km)を9分間で移動したことになるので、えーっと「速度 = 距離 ÷ 時間」だから時速約253キロの速度で落下したことになる。合ってるかな? しかし出だしの速度は時速1220kmとなっており、マッハの世界を体験してることになる。そんな速度の落下をもろともせず9分後には無事に落下。

こちらの映像が『YouTube』に公開されているので興味のある方は是非ご覧になって頂きたい。記者は飛び降りたとしてもせいぜい200メートルくらいだなあ……。こちら200メートルのマカオタワーからのバンジー動画もあわせてご覧いただきたい。

Red Bull Stratos FULL POV – Multi-Angle + Mission Data(YouTube)

【フルHD】横山緑らしい人がマカオタワーからバンジージャンプに挑戦(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21465665[リンク]

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP