ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ルイス・キャロル好きは必聴!? 『ALICE=ALICE』シチュエーションCDが6枚連続リリース

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

少女と白ウサギの奇妙な冒険を描いて、後の世に多大な影響を与えたルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。1951年にディズニーが映画化されてストーリーが定着。ティム・バートン監督による『アリス・イン・ワンダーランド』も記憶に新しく、現代でもさまざまなイマジネーションの源泉となっています。
そんな『アリス』をモチーフにしたビジュアルノベルゲーム『ALICE=ALICE』(アリス=アリス)がRejetから2014年春にリリースされることになり、それに先駆けて登場キャラクターのシチュエーションCDが6枚連続で発売。第一弾となる『黒うさぎ』編が2013年10月30日に発売になります。

もともと悪夢的な要素を持つキャロル原作の『アリス』ですが、Rejetが描く『アリス』ではよりダークな世界観を強調。少女が抱くイケナイ妄想も含んだストーリーが展開されることになるようです。
この世界のアリスを不思議の国に導くうさぎは、ストレスで身も心も真っ黒になってしまったとのこと。当然のように性格は悪く、いつもイライラして爪をかじるクセがあるという厄介な存在に。そんな彼を『生徒会の一存』の杉崎鍵役などでおなじみの近藤隆が演じます。
既にホームページで公開されているサンプルボイスでは、ネジが外れたような笑い声のほか、主人公を一心不乱に頬張り「すごくおいしい」というセリフ、「もっとキスしてやるよ」「お前が感じる場所を僕に教えろ」といったドキリとするセリフを惜し気もなく聴くことができます。そのすする音や息遣いは、ダニーヘッドマイク対応で臨場感あるサウンドになっているのもポイントです。

画像SNS『pixiv』などで活躍中の絵師スオウさんのイラストも必見な『ALICE=ALICE』は、2013年11月27日に立花慎之介が三月ウサギに起用された第二弾のジャケットまで発表になっています。その後も、高橋直純・鳥海浩輔・下野紘・緑川光が演じるキャラクターのCDが次々に発売される予定。ゲームの内容も含めて、アリス好きにとっては見逃せないシリーズといえるのではないでしょうか。

『ALICE=ALICE』公式ホームページ
http://rejetweb.jp/alice/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP