ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と知らない!?温泉の泉質・効能まとめ11選。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は『温泉JAPAN』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、 http://getnews.jp/archives/434283をごらんください。

意外と知らない!?温泉の泉質・効能まとめ11選。

こんにちわ!ゆきちだもん。
今回は温泉の泉質について詳しく知らない人も多いと思うからまとめてみたよ!これを参考に温泉を選んでくれると嬉しいもん。

泉質は1kgの中に溶け混ざっている物質で決まる!

地中から湧出してくる温泉には様々な物質が溶け混ざっているもん!それら物質の中でも温泉法(温泉の保護を目的とした法律)によって定められた特定の18種類の物質の温泉1kgあたりの溶存量および総溶存量によって泉質決定、細かな分類が定められているもん。

温泉の性質は「酸性」か「アルカリ性」か、この2つがポイント!

基本的にpH7の場合は中性、pH7が以下の場合は酸性、pH7が以上の場合はアルカリ性となっているもん!

pHが高ければ高い程、赤ちゃんも入浴ができる肌に優しい温泉ということになるもん!逆にpHが低ければ低い程、殺菌効果の高い刺激的な温泉ということになるんだもん!

温泉は沸き出る土地によってpHの数値、成分が違うため、似た温泉はあっても全く同じ温泉は存在しないんだもん~。温泉施設には「温泉分析書」という温泉の成分を分析した説明書が掲示されているので、チェックしてみるといいもん。

ではでは、泉質のご紹介をするもん~!

老若男女、全ての人におすすめ! 単純温泉

家族で温泉に行くときにおすすめ!

単純温泉は成分が単純だからというわけではなく、含有成分の量が一定量に達していないものをいうもん。つまり体にやさしい成分の薄い温泉なので肌の刺激を避けたい赤ちゃんや高齢者の方におすすめの泉質!全国各地にある泉質なので迷ったときは単純温泉に入ることをおすすめするもん~。 

ちなみに弱アルカリ性単純泉の場合は、肌の角質をとる美肌効果が期待できるもん!

■単純温泉のおすすめ温泉
「栃木県 大丸温泉「大丸温泉旅館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/318

「岐阜県 下呂温泉「幸乃湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/1118

「愛媛県 下呂温泉「朧月夜」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/903

「大分県 由布院温泉「下ん湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/3566

日本ではかなりレアな泉質!二酸化炭素泉(単純炭酸泉)

身体への負担が少ない!

文字通り二酸化炭素を含む温泉だもん!入浴したときに小さな気泡が身体に付着することから「ラムネ湯」、「泡の湯」と呼ばれたいるもん!

二酸化炭素が皮膚から吸収されて血液の循環を促すため、泉温が低くても全身がポカポカと温まり、血液の循環が促進されることで全身の代謝もアップ!飲用すれば胃腸を整えたり、便秘解消の効果も期待できるけど過度の摂取は塩分の取り過ぎにもつながるので高血圧症や心臓疾患のある人は要注意だもん。

■二酸化炭素泉のおすすめ温泉
「大分県 長湯温泉「ラムネ温泉館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/3575

「鹿児島県 新川渓谷温泉郷ラムネ温泉「仙寿の里温泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/2435

「鹿児島県 奥蓼科温泉郷「横谷温泉旅館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/3947

三大美肌湯の泉質の一つはコレ!炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉・重曹泉)

入浴した瞬間にサッパリ、なめらか肌に!

入浴した瞬間に肌がなめらかになるのを感じることができるので「美人の湯」、「美肌の湯」と称される名湯が多いもん。ただし、潤いや保湿の作用がないので湯上がり後には乳液などでしっかりと保湿ケアをして美肌をキープ!

基本的に湯の色は無色透明だけど、含まれる温泉の成分によってにごり湯の場合もあるもん。入浴後は涼しく感じることから「冷えの湯」、「清涼の湯」と呼ばれているもん。

■炭酸水素塩泉のおすすめ温泉
「秋田県 乳頭温泉郷「休暇村乳頭温泉郷」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/770

「秋田県 黒川温泉「やまび旅館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/411

「宮城県 東鳴子温泉「黒湯の高友旅館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/1373

本当に湯冷めしにくい!塩化物泉(食塩泉)

入浴後もポカポカ身体が暖かい!

海水の成分に似た食塩を含み、塩辛く無色透明の湯。温泉成分が皮膚に膜をつくるので、「温泉パック」のような状態になるもん。肌から水分や熱が放出するのを防ぎ、いつまでも温かさが続く上に肌をしっとりと保湿してくれるもん~。

ただし、塩分が多いので食塩制限のある疾患、高血圧、心臓病、腎臓病、浮腫(ふしゅ)のある時は控えた方が良いもん…。

■塩化物泉のおすすめ温泉
「静岡県 熱海温泉「ホテル大野屋」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/2

「静岡県 磐梯熱海温泉「元湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/9040

「兵庫県 有馬温泉「兵衛向陽閣」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/4886

「和歌山県 南紀白浜温泉「とれとれの湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/5199

「和歌山県 南紀白浜温泉「景勝の宿」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/5199

美肌になれる?!硫酸塩泉

混合肌の方にもピッタリ!

炭酸水素塩泉と同じく、「美人の湯」といわれるところが多いタイプの温泉。炭酸水素塩泉は肌をサッパリなめらかにしてくれる泉質だけど、硫酸塩泉はふわりとまとわりつくような質感の湯で肌に潤いを与えるふっくらしっとりとするタイプの泉質だもん!

特に乾燥肌の方におすすめ!まるで万能な化粧水のような作用が期待できるもん!

■硫酸塩泉のおすすめ温泉
「群馬県 法師温泉「長寿館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/827

「群馬県 伊香保温泉「石段の湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/771

「熊本県 山川温泉「四つ葉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/653

「熊本県 黒川温泉「新明館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/653

「熊本県 黒川温泉「旅館 山みず木」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/412

貧血気味の貴方にはコレ!含鉄泉

10円玉のような匂いが特徴!

源泉は無色透明だけど、空気に触れ酸化すると不透明な黄色(褐色)になるもん!匂いは「10円玉のようだ」と例えられるほど、鉄分が豊富だ!なので、「婦人の湯」とも呼ばれ貧血、月経障害、更年期障害など女性に多く見られる症状に効くとされているもん!

■含鉄泉のおすすめ温泉
「長野県 加賀井温泉「一陽館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/5

「青森県 「黄金崎不老ふ死露天風呂」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/27

「岐阜県 長良川温泉「十八楼」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/1081

「滋賀県 長浜太閤温泉「浜湖月」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/2402

眼に効果がある?!含アルミ二ウム泉

酸性泉の次に殺菌効果がある?!

泉質名の通り、アルミニウムイオンを含むもん。皮膚病に効能があるとされるもん!

無色透明、または黄褐色の酸味を含むものもあり酸性泉と並んで殺菌力が強い温泉。皮膚や粘膜を引き締める作用があり、結膜炎といった慢性の粘膜疾患に効果があるので「眼の湯」と呼ばれることがあるもん。殺菌消毒作用があるので、水虫などの皮膚疾患にも効果があるもん。

■含アルミニウム泉のおすすめ温泉
「岩手県 須川温泉「須川高原温泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/report/762

日本最古の温泉地、有馬温泉に含まれる泉質!含銅-鉄泉

タオルが抹茶色に変色する?!

湧出後の酸化により、温泉が黄色、赤色を示すのが特徴!酸水素塩系のものと硫酸塩系のものがあるもん。含鉄泉のように空気に触れ酸化すると不透明な黄色になり、茶褐色の沈殿物ができるもん。強酸性の鉄泉は乾燥肌の人には刺激が強いので注意!

■含銅-鉄泉のおすすめ温泉
「福島県 「高玉金山 黄金温泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/8557

解毒作用がある!硫黄泉(硫化水素泉)

卵の腐ったような匂いが特徴!

卵が腐ったような匂いが特徴で、換気の悪い浴場では硫化水素ガスで中毒を起こす場合があるので要注意!でも「痰の湯」とも呼ばれ、このガスは痰を出やすくするので慢性気管支拡張症等、炭酸ガスと同様に末梢毛細血管を拡張させるため動脈硬化症やしもやけ、頸肩腕症候群等にも効果があるもん。

身体に強い変調作用があるので注意!

金属を酸化して黒くするほどの成分があるので、装飾品は外して入浴することをおすすめするもん!皮膚や粘膜が弱い人は湯あたりや皮膚炎を起こす可能性があるもん…。特に病弱者、高齢者はなるべく避けた方がいいもん!

■硫黄泉のおすすめ温泉
「岩手県 国見温泉「石塚旅館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/50

「群馬県 万座温泉「万座亭」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/1865

「群馬県 高湯温泉「旅館玉子湯」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/831

殺菌能力は最強クラス?!酸性泉

酸性のお湯は古い肌を剥がす?!

文字通り酸性度の高い温泉。この泉質の湯は殆どが無色又は微黄褐色で酸味があるもん。古い肌を剥がし、新しい肌に刺激を与えてることで新陳代謝が促進されるので、皮膚病などの治療に使用されているもん。ちなみに舐めるとレモンのような酸味がするもん~!

強酸性の場合は要注意!

強酸性の場合は顔を洗ったりすると眼にしみてとっても痛いもん…。また肌の弱い人はただれる場合があるので、入浴後はシャワーなどで洗い流し十分に拭くことが必要だもん!

■酸性泉のおすすめ温泉
「秋田県 「玉川温泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/20

「群馬県 草津温泉「つつじ亭」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/9168

万病に効く温泉?!放射能泉

微量の放射能は貴重な効果をもたらす?!

別名「ラジウム温泉」、「ラドン温泉」などと呼ばれる温泉で、文字通り放射能を含む温泉。放射能というと怖いイメージがあるけど、温泉中に含有されるラドンは常温で気体、湧出後は空気中に散飛してしまうもん。浴用・飲用では体内に吸収されても呼気によってすぐ体外に排泄されるので全く心配がないもん。

温泉中のラドンは湧出後には空気中に拡散されるため、温泉に浸かりながらの湯気の吸入が効果的だもん。(でも放射能泉は湯あたりを起こしやすいので注意!)湧出地では大気中に微量のラジウムが含まれることもあるので、温泉地の散策もおすすめだもん。

■放射能泉のおすすめ温泉
「千葉県 「松戸ラドン温泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/5814

「鳥取県 三朝温泉「三朝館」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/4097

「鳥取県 三朝温泉「翠泉」」 『温泉JAPAN』
http://onsenjapan.jp/infos/detail/4091

施設名: 那須温泉郷 大丸温泉大丸温泉旅館
創業: 創業200年以上(リニューアル2006年)
所在地: 栃木県那須郡那須町大字湯本269
料金: 大人 1000円 子供 700円
泉質: 単純温泉
PH値: 7.1
営業期間: 通年
入浴時間: 11:30~14:30(受付終了)
定休日: 不定休
TEL: 0287-76-3050
駐車場: あり
HP: http://www.omaru.co.jp/(公式ホームページ)

ライターから一言!
泉質によって効能も様々だから、泉質表を見ながら温泉を選んでみるのもいいもん?!

この記事を書いた人(WRITER)

ゆきち
http://onsenjapan.jp/writers/entry/1

長野県地獄谷出身の温泉ザルのゆきちだもん。ちなみに♂なんだもん!オイラは温泉JAPANのマスコットキャラクターとして日々、全国の温泉を巡る旅をしているんだもん。好物は日本の温泉とバナナ牛乳だもん。オススメな温泉があったら是非、オイラにメールで教えてくださいもん!

執筆: この記事は『温泉JAPAN』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年10月12日時点のものです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP