ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、WhiteMagic技術を適用した5インチフルHDの液晶パネルの量産開始を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイは10月11t日、WhiteMagic技術を適用したスマートフォン向け5インチフルHDの液晶パネルの量産開始を発表しました。WhiteMagicは、通常、R(赤)G(緑)B(青)の画素で構成される液晶に白(W)の画素を追加して輝度の向上と消費電力の削減を図る技術で、JDIの開発した液晶パネルは最大輝度840カンデラを実現しています。JDIでは、画像データに対して独自のアルゴリズムで信号処理を行い液晶パネルとバックライトが駆動するようにして、画質劣化無しでバックライトの消費電力の削減を図っています。その結果、従来の液晶パネルと同じ輝度で表示しても全体の消費電力は下がることになります。液晶サイズは5インチ、解像度は1,920✗1,080ピクセル、画素密度は446ppiとなります。また、液晶ユニットの外寸は横63.24mm x 縦117.18mm、NTSC比は70%、コントラスト比は1000:1です。昨日NTTドコモより発表された「ARROWS NX F-01F」に採用されているのがJDI製のWhiteMagicディスプレイなのでしょう。Source : JDI



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、HDMI – VGA変換コンバーターを発売
英HandtecにHTC OneブルーとHTC One miniブラックが入荷
富士通、「ARROWS NX F-01F」と「ARROWS Tab F-02F」のモニターキャンペーンの実施を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP