ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC One Maxは全モデルバックカバーの取り外しが可能?Micro SDカードスロットも搭載?Beats Audioには非対応らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Oneの大画面バージョンとして噂されている「HTC One Max」の新情報と写真が海外サイト ePriceの台湾版で公開されました。HTC One Maxは5.9インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 600 1.7GHzプロセッサを搭載したPhabletクラスの機種で、10月15日にグローバルローンチを迎え、10月17日に台湾で発表されると伝えられています。ePriceの報道によると、HTC One Maxはストレージ容量別に16GBモデルと32GBモデルの2種類が存在し、台湾モデルの場合、バックカバーを取り外すこともできるそうです。また、Micro SDカードスロット(最大64GB)も搭載しているらしい。台湾で発売されるHTC端末の多くはグローバルモデルと仕様が共通しているので、HTC One Maxは全てのモデルでバックカバーを取り外せるようになっていると予想されます。HTC One Maxには前面に2つのスピーカーが付いているのですが、Beats Audioには非対応とのことです。Beats Electronicsとの資本提携の解消が原因なのかもしれません。そうなると、HTC Oneの“BoomSound”という機能名はどうなるのでしょうか。気になるところです。HTC One MaxのOSはAndroid 4.3で、SenseはSense 5.5とされています。変更点については、BlinkFeedではライブミュージックがコンテンツに追加されており、Video Highlightsではビデオクリップ長さを変更できるようになっているそうです。HTC One Maxの背面には充電用のPOGOピンが付いており、それを利用した専用の充電スタンドや1,200mAhバッテリーを内蔵したスマートフォンケースも販売されると伝えられています。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
可愛く節電♪ キティちゃんのAndroid用節電アプリ「ハローキティでんち」がリリース
LGフランス法人:Optimus GへのAndroid 4.4"KitKat”アップデートは10月に提供される見込みと発言(たぶん無理)
FDD-LTE/TD-LTE対応のGalaxy S 4がオーストラリアで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP