ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アイマス』名曲のクリエイターも出演! 超都市型DJイベント『Re:animation6』東京・中野での無料開催決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2010年12月に東京・新宿の歌舞伎町シネシティ広場を舞台にアニメやゲームのテーマソングやテクノミュージックをDJたちが大音量でかけ、その模様がインターネットで生中継されることで絶大なインパクトを与えたイベント『Re:animation』(リアニメーション)。その後も回を重ね、2013年4月13日には中野駅北口暫定広場に場所を移した『Re:animation5』が来場者無料での開催が実現。1700人を超える来場者を集めました。

その『リアニ』が『Re:animation6』として2013年11月24日に再び中野で敢行。アニソンに関わりの深いDJの出演が決っているほか、クラウドファンディングサービス『picnic』での出資が目標金額の120万円を超えたことにより、今回も無料での参加が可能になりました。また、その使途についても『picnic』のページで公開されており、透明な運営が信頼感に繋がり、リピーターを増やす好循環を生んでいます。

DJとしてラインナップされている中でも注目したいのは、2013年10月からTOKYO MXなどで放映がスタートする『機巧少女は傷つかない』のエンディング曲「回レ!雪月花」を手がけたヒゲドライバー。これまでもさまざまなアニメやゲームに楽曲提供し、耳触りのいいキャッチーなピコピコサウンドを得意としているだけに、屋外でどのようなパフォーマンスを聴かせてくれるのか期待大。
また、『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)の中でも我那覇響の持ち歌である正統派トランス「Next Life」の生みの親でもある遠山明孝氏もAJURIKAとして登場。2012年10月13日の『リアニ4』では『アイマス』のライブがあり、各アイドルのコスプレをした来場者も多い作品でもあるので、ファンにとっては本物のサイケデリックトランスを聴ける貴重な機会になりそうです。

他にもロサンゼルスの『Anime-Expo』などでアニソンやK-POPのリミックスをプレイするなど活躍中のDJ AMAYAや、DJ ニッチ、Norihito Ogawa、ゆんちゃいなど、オタクカルチャー系のクラブイベントからテクノ・ハウス・エレクトロを得意とするメンバーが出演予定。音へのこだわりの強いファンにとっても楽しめるタイムテーブルとなるのは間違いないところでしょう。

歌舞伎町での開催時には天候に振り回されることもあった『リアニ』。前回の『リアニ5』は好天に恵まれましたが、秋晴れの中で歌い踊ることが叶うことになるのか、予報に一喜一憂することになりそうです。

Re:animation6 – Rave In NAKANO-

日時:2013 年 11 月 24 日(日) 11:00~18:00 (予定)  ※小雨決行・荒天中止
会場:中野駅北口暫定広場
入場料:無料 (クラウドファンディングを使って3000 円以上支払いをした支援者は優先入場パス権)
主催:リアニメーション実行委員会
後援 : 中野区(予定)
協力:パイオニア株式会社

Re:animation | リアニメーション
http://reanimation.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP