体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

今回はMIROさんのブログ『MobileHackerz再起動日記』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/423843をごらんください。

「写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/25.jpg

先日リコーから発表*1された「全天球イメージを撮影可能なカメラ」RICOH THETA*2をご存じでしょうか。海外では10月からオンライン販売開始、日本での発売はまだ検討中…というものなのですが、ちょっとしたご縁がありまして大変ありがたいことにこの製品を発売前にお借りすることができました。

*1:「リコー、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影可能なコンシューマー向けデバイスを発売」 2013年09月05日 『RICOH』
http://www.ricoh.co.jp/info/130905.html#.UkJys9yCiUk

*2:『RICOH THETA』
https://theta360.com/ja/concept/

で、さっそく色々と使っているのですが…いやこれ、率直に言って「写真の概念を変えるポテンシャルがある」すごいカメラですよほんと。未来はマジでここにある!

「写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/33.jpg

話は戻って、まずは「RICOH THETA」とはなんぞや、から。
THETAは、ワンショットで・一度のシャッターで360度・全天球の写真を撮影することができるカメラ、です。
「360度・全天球」と言ってもピンとこないひとは全くわからないと思いますが、つまり、前後左右上下、カメラの周囲あらゆる方向の写真がシャッター1回押すだけで撮れるということです。カメラの前後左右上下、すべての方向が写真1枚におさまります。Googleストリートビューでぐるぐる周囲を見回せるのをイメージしてもらえばわかりやすいですが、あの写真をボタンひとつで撮れるデバイス、それがTHETAです。たとえばこんな写真*3を撮ることができます。

*3:「全天球画像」 『RICOH THETA』
https://theta360.com/spheres/399

写真」の概念を変えるポテンシャル!“360度カメラ” RICOH THETA

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/41.jpg

こういった「全周見回せる写真」という概念自体はかなり昔からありました。古くは1994年…もう20年近く前になるんですね…に「QuickTime VR」という技術で「ぐるぐる360度見回せる写真」コンテンツが作られましたし(私も当時仕事で作ったりしました)、技術の存在自体は特に珍しいものではありません。そういえば、Androidでも4.2から「Photo Sphere」としてこういった全天球写真を撮ることができる*4ようになりました。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。