ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内でiPhone 5sの通信速度調査 通信速度の三つ巴戦は発売初日に都内5地点中4地点でソフトバンクが勝利

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


※この記事は「しぐP」さんからの寄稿です。

9月20日、新型の『iPhone 5s』と『iPhone 5c』が発売された。今回からついにドコモが参入し、日本の大手キャリアによる三つ巴戦となったのだが、どこのキャリアにしたらよいのかわかりにくい。その中でも気になるのは、料金プランや通信品質だと思われるが、料金プランに関しては各社ホームページで紹介されているので、そちらを参考にすれば、少々複雑であるものなので目に見えて理解できる。ところが通信品質は実際に目で見えるものではないので、どのキャリアがよいのかわかりづらい。しかも『iPhone5s/5c』は周波数800~900MHz帯を利用したLTE通信に対応しているので、auが通信が良くなると言われている。実際のところはどうなのか、その通信品質を調べるために各キャリアの『iPhone 5s』を3台用意し、RBB TODAYが提供している通信回線スピード調査用iPhoneアプリ『RBB TODAY SPEED TEST』を使い、実際に各端末ごとに3回計測を行って調査してみた。

今回の調査では、都内の5か所の駅近辺を調査。結果は表の通り。

有楽町駅中央口前では、ソフトバンクが優勢で、下りのスピードは平均16Mbpsを叩き出し、上りのスピードも8Mbpsと安定していた。auは下りのスピードは平均11Mbpsだが、上りのスピードがソフトバンクモバイルほど出ず2Mbps程度だった。ドコモは、上り・下りのスピードともに両キャリアには及ばない結果で残念だった。

水道橋駅西口での調査では、ソフトバンクが平均値で下り・上りともに僅差で優勢になった。下りで20Mbps以上、上りで10Mbps近くを叩き出したのはソフトバンクとauで、両キャリアで非常に優秀な記録が出た。その反面ドコモは、そのふたつのキャリアに及ばない残念な結果になってしまった。

六本木ヒルズのメトロハット周辺で計測を実施。ここでも下りのスピードの最高値22Mbpsを叩き出したのはソフトバンクで、平均値でも他のキャリアを引き離す結果に。反対に上りの平均値では、auが優勢な結果になったが、auとソフトバンクの平均値はほぼ変わらない状態。またしてもドコモは、そのふたつのキャリアに引き離される結果が出てしまった。

品川駅では、港南口にある広場で計測を行った。ここでは下りのスピードが3キャリア共に15Mbpsを越える結果を出し好成績。その中でも、最高記録の27Mbpsを出し、平均値でも22Mbpsを出したソフトバンクが優勢な結果になった。上りのスピードではauが10Mbpsを出し平均値でも8Mbpsと一番になったが、ソフトバンクが肉薄する結果に。ドコモは、上りのスピードは他のふたつのキャリアに及ばない数値となった。

渋谷のヒカリエ1階前で計測を実施。ここでは、auが上り・下り共に平均値で他のキャリアに勝ったものの、各回の計測ではソフトバンクが勝った時もあった。auとソフトバンクがスピードで競り合うものの、またしてもドコモは残念な結果になってしまった。

最後にまとめると、ドコモはエリアカバー率の評判は良いものの、5か所中4か所でソフトバンクとauに惨敗する残念な結果になった。auはプラチナバンドをLTEで使えるということもあって事前情報通りの結果。ユーザーとしては満足そうだ。驚いたのはソフトバンクの結果だ。数多くのiPhoneユーザーを抱えているにも関わらず、 auよりも勝っている。これだけの結果ならユーザーも大満足するだろう。

執筆:
<しぐP>

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP