ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

M1グランプリ 笑い飯の「鳥人ネタは鳥男のパクリだ!」と漫画家

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
toriotoko

2009年12月に放送された最強のお笑い芸人を決定するイベント『オートバックス・M1グランプリ2009』(テレビ朝日系列)。優勝の座はパンクブーブーが勝ち取り、笑い飯は島田紳助さんが100点をつけたものの、2位という結果になった。ちなみに2008年度に優勝したNON STYLEは3位だった。

インターネットでは「オートバックスなのにパンクブーブーが優勝ってすごいな!」という声があったものの、視聴者からしてもパンクブーブーはダントツでおもしろいネタだったようで、多くの人たちが納得のいく “パンクブーブーの優勝” だったようである。

そんな結果となった『オートバックス・M1グランプリ2009』だが、インターネット上では優勝したパンクブーブーと同じくらい2位の笑い飯が注目を集めている。その理由は、笑い飯がネタで披露した鳥人(とりじん)というキャラクターがあまりにも強烈だったからだ。鳥人は首から下が人間で、頭は鳥。鳥と人間の境い目は見えないように隠しているという。松本人志さんが「さっそくウィキペディアで鳥人を調べたい」とコメントしたことで、よりいっそう視聴者は鳥人に注目したようだ。

その鳥人だが、実はまったくと言っていいほど同じ容姿(と思われる)キャラクターが、10年以上前から存在していたことが判明した。そのキャラクターは鳥男(とりおとこ)と言い、首から下が人間で、頭は鳥。鳥と人間の境い目は見えないように隠している。ほぼ、いや、まったく鳥人と鳥男は同じと言ってもおかしくない容姿である。鳥男は『ヤングジャンプ』や『スピリッツ』での連載経験を持つ漫画家・見ル野栄司(みるのえいじ)先生が創作したキャラクターで、現在も見ル野先生の漫画にたびたび登場している人気キャラクターである。

このことに関して編集部は見ル野先生に取材をしたところ、「ファンの方から鳥人は鳥男のパクリだ! というメールをいただきました。笑い飯が話していた鳥人の容姿を聞いて、私も似ているなあと思ったのですが、権力的にかなわないので怒らないでおきます。笑い飯が好きなので応援していますよ」というコメントをいただけだ。

現在、見ル野先生の描いた鳥男は『comicリュウ』という漫画雑誌で連載中の『敏腕! インコさん』に登場している。鳥人と鳥男がどれだけ似ているか、自分の目で確かめてみるといいかもしれない。

■最近の注目記事
『FF15』開発者インタビューがスゴイ! 次回作も難解になるのか?
人気プロ漫画家が告白「僕がジャンプからマガジンに乗り換えたワケ」
インド版ドリフ大爆笑のオープニング映像がスゴイ!
釣り番組がアメリカで「40年以上続いている理由」がわかる動画
『ファイナルファンタジーXIII』は秀逸なゲーム「楽しさの根本はバトル」

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。