ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お酒のプロがオススメするクラフトビール

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「味わいの深さ」が魅力。業界でも注目される存在に

お酒のプロがオススメするクラフトビール

いまや全国の「地産地消的」な役割を果たす「クラフトビール」。1994年の酒税法改正でビール醸造に関する規制緩和が行われ、小規模醸造が可能になりました。その後、全国各地にローカルブランドとして「地ビール」が続々と生まれ、一時はブームを迎えましたが、地域の話題性ばかりが先行し、品質が追い着きませんでした。撤退を余儀なくされる「淘汰の時代」が始まり、現在に至っています。しかし、この「淘汰」こそが、高品質なクラフトビールの礎となりました。今では、普段はビールを飲まない女性や若者の心をつかみ、業界でも注目される存在になるまで成長しています。

日本のビールの主流は「のど越し」を楽しむタイプのピルスナー系やラガー系ですが、クラフトビールは、がぶがぶ飲むものではなく、ベルギービールなどと同様に「味わう」ビールです。「クラフト」とは「手工芸品」。クラフトビールは、「ビール醸造家の芸術的ビール」と言っても過言ではありません。価格は大手ビールメーカーの商品と比べると割高ですが、「味わいの深さ」などの代え難い魅力がふんだんに詰め込まれています。

プロが厳選!オススメのクラフトビール

では、オススメのクラフトビールを紹介します。

■岩手県 銀河高原ビール《小麦のビール》 
はずせない鉄板です。バナナを思わせる香りとクリーミーな泡立ち。そして何より、本場ドイツビールとも対等にわたりあえる品質が魅力です。

■長野県 長野ビール《よなよなの里「よなよなエール」》 
一度飲むと必ずハマるほどのバランスの良さ。エールビールとして日本国内では最高品質の評価を受けています。自然発砲製法のキメ細かい泡立ちと滑らかさ、そして、ホップの心地良い香りは絶品です。

■北海道 ノースアイランドビール《コリアンダーブラック》
北海道で最も注目されている地ビールが「NORTH ISLAND BEER(ノースアイランドビール)」。芳醇な黒ビールに、スパイスのコリアンダーをコラボさせた味わいは驚きの仕上がり。また飲みたくなる癖(くせ)が魅力です。

アルコールは趣向品。選ぶ基準は人それぞれです。好みのクラフトビールが必ず日本のどこかにあります。各地の地ビールを楽しんでみてください。ビール好きには、きっと面白いはずです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。