ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蒼井翔太・阿澄佳奈主演! 『ペルソナ3 the Weird Masquerade ~青の覚醒~』にある謎

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

大人気ゲーム『ペルソナ3』の舞台版となる『ペルソナ3 the Weird Masquerade ~青の覚醒~』の男性主人公役に蒼井翔太さん、女性主人公役に阿澄佳奈さんが発表された。阿澄佳奈さんは、舞台版『WORKING!!』へのゲスト出演を除くと、初舞台となる。

『ペルソナ3』は、2006年にアトラスから発売されたPlayStation2用RPG。大人気シリーズの第3弾で、主人公に自分の名前2007年に続編が追加された『ペルソナ3 フェス』、2009年に女性主人公を追加したPSP移植版の『ペルソナ3 ポータブル』が発売された。また、今年の11月23日から劇場版の公開も予定されている。

そんな大人気ゲームが舞台になることが発表されたのだが、まだまだ情報の少ない公式サイトから、いくつかの謎が出てきた。

主人公が2人!?

そんな大人気ゲームが舞台になることが発表され、男性主人公役に蒼井翔太さん、女性主人公役に阿澄佳奈さんがキャスティングされた。蒼井翔太さんといえば、『うたの☆プリンスさまっ♪』美風藍役に大抜擢された異例の新人声優。今回の舞台と同じくCLIEが制作の朗読劇極上文學Ⅳ『藪の中』にて、非常に難しい役を演じ切っていた。声優としての集客力、そして極上文學で魅せた演技力がキャスティングの理由だろう。

また、阿澄佳奈さんもアニメ『這いよれ! ニャル子さん』ニャル子さん役をはじめ様々なキャラクターを演じている大人気声優だ。CLIE制作の舞台『WORKING!!』では常連客役としてゲスト出演もしているので、そのつながりからキャスティングされたのかもしれない。

今回発表された2人は、男性主人公役・女性主人公役とあるが、原作となるゲームでは主人公は1人。舞台上に2人の主人公が立つのか、それともダブルキャストとなるのか。

ミュージカルではない、VISUALIVEではない “the Weird Masquerade”とは

実は『ペルソナ』が舞台化されるのは今回が初めてではない。2012年3月に、VISUALIVE『ペルソナ4』、2012年10月に続編となるVISUALIVE『ペルソナ4』the EVOLUTIONが上演されている。筆者も観に行ったが、『ペルソナ4』への愛にあふれた舞台で、映像を使い『ペルソナ』の世界を表現した演出手法や、主人公の名前を公募し毎回違う名前で演じるゲームへのリスペクトが記者の中では記憶に残っている。また、出演者の方々は役にピッタリハマっているだけでなく、動きのクセまで研究されており、ゲームの中から出てきたと言える素晴らしい舞台だった。

『ペルソナ4』では、VISUALIVEという名前で舞台は行われた。VISUALIVEとは、「緻密かつ迫力の映像」と「俳優による生の演技」とを融合させた演出技法のことらしい。今回のthe Weird Masqueradeは果たしてどんな演出技法なのだろうか。ただ、演出は奥秀太郎さん、音楽はゲームの音楽も担当されている目黒将司さん、脚本は熊谷純さん、とVISUALIVE『ペルソナ4』the EVOLUTIONと同じであるので、面白くなるのは間違いないだろう。

CLIE公式『Twitter』アカウントによると、気になる続報は来週。来週は伊織順平役と真田明彦役のキャスト発表、今回の舞台に登場するキャラクターの発表が行われる。まだまだ謎が多い『ペルソナ3 the Weird Masquerade』、今後の発表から目が離せない。

ペルソナ3 the Weird Masquerade ~青の覚醒~公式サイトhttp://www.clie.asia/p3wm/

カテゴリー : エンタメ タグ :
渋市飛鳥の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。