ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ニンテンドー3DS』の廉価版『ニンテンドー2DS』が登場! 値段は129.99ドルで日本での発売は未定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本でもっとも勢いのあるゲーム機『ニンテンドー3DS』だが、海外でも昨今売れ行きが好調なハードである。そんな『ニンテンドー3DS』に更にテコ入れを加えるために新機種が登場。その名も『ニンテンドー2DS』である。過去の『ニンテンドーDS』や『ニンテンドー3DS』のゲームが遊ぶことが可能となっている。

3D機能を排除したほか、折りたたみが不可能な形状となっておりコスト削減効果を計っているものと思われる。北米と欧州で10月12日に発売予定とされており、値段は129.99ドル。

「折りたためなくなったのならスリープはどうやるの?」という疑問も出てくる。それは本体右下にある「SLEEP」と書かれたスライドバーにてスリープを行えることが予測される。
またスタートボタンとセレクトボタンの位置が変更されABXYボタンの下に来ている。ちょうど『Wii U GamePad』のような配置だろうか。ホームボタンの位置はそのまま下画面液晶の下に配置されている。

こうしてみるとなかなか良さそうな『ニンテンドー2DS』。日本での発売は今の所未定だが、もし発売されたら価格も安いので売れそうな予感だ。

ニンテンドー2DS(YouTube)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP