ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

約15万円で3Dスキャナが手に入る MakerBot Digitizer がアメリカでリリース

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3Dといえば”3Dプリンタ”が注目されますが、そのデータをリアルなものから作り出す”3Dスキャナ”が『MakerBot』からリリースされました。価格は$1550(約15万円)とホビー用としては納得の価格です。業務用と比べると安価です。

回転台に乗せて12分でスキャン完了

スキャンはスキャナの回転台の上に物を載せて行います。 スキャンの時間は12分です。 大きな特徴として「このスキャナで取り込んだデータは、そのまま3Dプリンタで造形出来る品質のデータとなる」と販売サイトでは説明しています。

業務用製品だと、スキャンは点の集合(Point Cloud)という形で保存されます。これを別のソフトウェアや人間系で、面集合の3Dモデルに変換する必要があります。『MakerBot Digitizer』は面集合の3Dモデルとして出力されますので、ゲームなどの3Dモデルとしても応用可能です。

照明設備も家庭や事務所にある通常の照明でスキャン可能なので、スキャナが置ける場所さえ確保できれば可能です。

スキャン開始から、面データの3D Modelに変換するまで約12分

 

 

難しい3Dモデリング不要

今までの3Dモデルは、3Dモデリング用ソフトを使って作る必要がありましたが、『MakerBot Digitizer』なら置いて12分待つだけです。 粘土や削りだしなどでフィギュアを作っているモデラーの人にも、3Dモデルを公開する道が開かれました。

設置ではなく、使いたいところに持って行って使うというスタイルです。工房でも邪魔になりません。

 

他の商品と比べてみると

安価な3Dスキャナというと、今年3月に発表された499カナダドル(4万3千円)『The Photon』が有名ですが、この製品のリリースは9月のため、『MakerBot Digitizer』の方が早いリリースとなります。 国内では『ローランド』が販売している『LPX-60DS』が68万円です。この製品はモデリング用途ですが非常に高価です。

主な仕様

スキャン可能な大きさ:高さ20センチ、直径20センチ
解像度:0.5ミリ
スキャン可能な重量:3キログラム
対応OS:Windows7、Mac OSX 10.7、Linux(Ubuntu) 12.04

MakerBot 公式サイト
http://makerbot.com/

Matterform The Photon 公式サイト(まだ、製品はリリースされていない)
http://www.matterform.net/

写真はプレスリリース及びmakerbot.comから

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP