体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラック企業で働いていたら労働基準監督署のガサ入れにあった

ブラック企業で働いていたら労働基準監督署のガサ入れにあった

ブラック企業だとあたりをつけていた会社に潜り込むのに成功したのは、5月の連休明けだった。

「20年もフリーライターを続けてきて、いまさら就職活動か?」と周囲からは失笑された。就職活動を進めていたのは、ちゃんとした理由がある。つい先日上梓した「うちの職場は隠れブラックかも(三五館)」の覆面取材のためだ。もっとも、違う意味で、就職活動は難航した。

なにしろ、ブラック企業を内側から取材するためにサラリーマンになるのだから、まっとうな会社に入社しても意味がない。応募の時点で、ブラック企業かどうかを見極めなければならない。幸いなことに、それまでの取材の甲斐あって、ブラック企業を見分けるノウハウは、ある程度蓄積していた。

いわゆるブラック企業といわれる会社は、ネット上になんらかの「印」を残していることが多い。ホームページをあるポイントに基づいて調べたり、代表者や社名といったキーワードで検索を重ねると、かなりの確率で、ブラック企業かどうかを冷静に判断することができる。ネット上の情報だけで判断がつかない場合は、面接に進んだ際に、面接官を冷静に観察すると、ほぼ90パーセント程度の確率でブラック企業かどうかを判断できる。
民間の転職サイトで、ブラック企業だと思われる複数の企業に応募してみたが、そのうち一社の面接に進むことができた。私は内心、「しめた」と、膝を打っていた。

 

面接から胡散臭さ満点

社長面接を実施するという連絡を受けて、ふだん着ることがない紺のスーツを着て、指定された時間に、先方のオフィスに出かけた。
応募したのはECサイトを運営している会社だ。オフィス自体は小ぎれいで、一見したところ、怪しい企業には見えない。
だが、面接での社長の口ぶりと態度で、「この企業はブラック企業に違いない」と確信した。
ブラック企業と言われる会社の社長や、経営に加わっている人物は、例外なく「ある特徴」がみられる。(詳しくは、私の近著「うちの職場は隠れブラックかも(三五館)」で解説しているので読んでいただきたい。)

 

結局、その場で内定をもらったのだが、続いて行われた労働条件の説明を聞いて、想像通りのブラックぶりに唖然とした。
正社員採用するが、3ヶ月間の試用期間は社会保険に入れないと、はっきりと明言したのである。フルタイムの勤務なら、採用直後に社会保険に加入させなければ違法になるはずだ。(もっとも、最近は、無知を装って、採用する社員にそういった条件をつきつける企業も多い。)

 

他にもツッコミどころ満載な発言が飛び出したが、何も言わず入社を承諾した。ちなみに、雇用契約書を書面で交わされることはなかった。会社側に不利な証拠を残さないためだろう。案の定、会社のブラックぶりが全開になったのは、入社してすぐだった。

 

うちは残業代は出ないから

「うちは残業代出ないから。」

出勤初日に、オフィスに出向いて最初に言われたのがこの言葉だ。こちらとしては、ブラック企業の覆面取材のために入社したのだから反論はしないが、巧妙なやり方には、やはり腹が立った。

 

「残業が発生しないから残業代は出ない」という理屈らしいが、実際は、極度の人員不足で、どんなに頑張っても、平均で2時間以上の残業が発生する。単純に計算して、月に40時間は残業が生じることになるのだが、残業手当の支払いは一切ない。しかも、タイムカードを採用しておらず、上司にメールで業務日報を報告するため、残業せざるを得なかった証拠を社外に持ち出しにくくしてある。(毎日の仕事の達成目標が決められており、達成する前に帰宅すると、翌日の朝は、叱責される。)

 

オフィスで働いている社員は、私を含めて4人だったが、不思議なくらい言葉を交わさない。着任してしばらくは、一番年長の私に気を使って、口数が少ないのだろうと思っていた。だが、会社から貸与されたパソコンのメールソフトを立ち上げてみて、社員の口数が少ない理由を悟った。要は余計なことをしゃべると、自分の身が危うくなると、全員が考えているのだろう。パソコンには、今まで退職に追い込まれた前任者たちのメールが残っており、いずれも労働基準法などは、まるで無視した一方的な辞めさせられ方をしていた。

それとなく、仕事を続けている一番若い子に会社の事情を尋ねてみると、この会社はECサイト事業を手掛けたものの、すでに2回失敗しており、莫大な赤字が出ているらしいとのこと。立ちあげ時に出資している親会社が、不動産事業で黒字を出しているため今のところなんとかなっているが、一日も早く収益を出すことを、株主から厳しくつつかれているらしい。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。