ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーアクセス、香川県高松市の一部で下り最大300MbpsのLTEサービスの実証実験を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イーモバイルを展開するイーアクセスは8月22日、同社のLTEサービスにおける通信技術の向上によって、モバイルブロードバンドサービスのさらなる普及・拡大を図ることを目的に、香川県高松市の一部エリアで1.7GHz帯の周波数を用いた下り300MbpsのLTEサービスの実証実験を開始したと発表しました。イーアクセスは本日、総務省から1.7GHz帯の実験試験局の本免許を取得したと発表しており、本日より2013年10月中旬までの予定で、香川県高松市の一部エリアでフィールド実証実験を行います。利用する電波は5MHz幅x2(1744.9~1749.9MHz/1839.9~1844.9MHz)とそれに隣接する15MHz幅×2の割当済み周波数(1749.9~1764.9MHz/1844.9MHz~1859.9MHz)で、実験では、20MHz幅で4×4 MIMO構成の下り300Mbpsの検証、20MHz幅、2×2 MIMO構成の下り150Mbpsの検証、LTE-Advanacedのキャリアアグリゲーションの検証が行われます。Source : イーアクセス



(juggly.cn)記事関連リンク
香港で「HTC One mini(601s)」が発売開始
7インチAndroidタブレット「HP Slate7(16GB)」の店頭販売が開始
「Twonky Beam」がv3.4.5にアップデート、Android 4.3に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP