ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

伊集院光「マリオに40点満点は疑問」と大胆発言!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

hachima1

週刊ファミ通は日本を代表するゲーム情報雑誌だ。特に人気のコーナーがクロスレビューというゲーム批評のページ。4人の批評家がゲームをプレイして1~10点の得点をつける。点数が低いほど「もっと頑張ってほしいゲーム」であり、点数が高いほど「オススメできるゲーム」となる。

ここ数年は「点数に関してメーカーと癒着があるんじゃないの?」や「大手メーカーには良い点数をつけている」という噂が流れているが、真相は謎のままである。なかには「点数を現金で買うことができる」という噂まであるが、さすがにそれは信じたくない噂である。

そんなクロスレビューの点数に関して、またもや騒動が発生している。タレントでありゲーマーでもある伊集院光さんが、インターネットのコミュニケーションサービス『Twitter』(ツイッター)で「ビビらずに言いますが、マリオ、面白いは面白いですけど40点満点は、ものすごくハテナですよ。個人的には」と、『NweスーパーマリオWii』の評価点数に対して疑問符がつく発言をしたのである。ここ最近40点満点のゲームソフトに関して一般のユーザーからも不信感の声があがっているだけに、物議をかもしそうな発言だ。

あまりクロスレビューを知らない人たちに40点満点のすごさを解説しよう。すでに説明しているようにクロスレビューでは4人の批評家が1人につき10点を上限としてゲームに点数をつけている。けっこう厳しく点数をつけている批評家もいれば、ユルく優しい批評家もいる。アクションゲームが好きな人もいるし、RPGが好きな人もいる。つまり、さまざまな趣味趣向の批評家たちがいるなか、4人全員が10点をつけた場合のみ、合計40点満点になるわけである。

過去は1年に1~2本の40点満点のゲームがあればよいほうだったが、ここ最近は1年間にけっこう多くのゲームが40点満点を得るようになってきた。そのことに対してゲームユーザーたちは不信に思っているのも事実で、かなりディープなゲームユーザーである伊集院さんまでもが不信感をあらわにしたわけだ。

このことはゲーム情報ブログ『はちま起稿』にも取り上げられ、「大丈夫! デモンズソウル7/9/6/7のファミ通だよ!」と管理人が皮肉コメントを書いている(全世界で絶賛されている『デモンズソウル』に対して低評価をした批評家たちに対する皮肉)。ここ最近のクロスレビューの点数の不正確さは否めず、そんな皮肉を言いたくなるのも理解できる。

しかし、週刊ファミ通のお得意さまであるジャレコのゲーム『黄金の絆』は広告費をたくさん払ったのにクロスレビューの点数が4点という散々な結果だったこともあり、お金では点数が買えないのは確かなようだ。ということは、大手メーカーには有利な点数をつけるなどの “思惑” が点数に含まれているのだろうか? 謎のままである。

写真: はちま起稿

■最近の注目記事
伊集院光「マリオに40点満点は疑問」と大胆発言!
フランスのオタクショップに行ってみた! 人気はハルヒと意外なアレ【前編】
イギリスの中古ゲームショップ「PSPgoは中古でも売れない」
ドイツのゲームショップに突撃取材! やっぱりXbox360が最強なの?
オランダのゲームショップではXboxとWiiが強し! PSP goは見当たらず

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。