ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒット・ガールが帰ってくる! 『キック・アス』続編『Kick-Ass2』(原題)日本公開が2014年4月に決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


平凡な高校生が緑のコスチュームを通販で購入し、街の平和を守るために立ち上がるという映画『キック・アス』。クロエ・グレース・モレッツ演じる美少女暗殺者“ヒット・ガール”の可愛さに新たな世界を知った大人も数知れず。待望の続編『Kick-Ass2』(原題/配給:東宝東和)の日本公開が2014年2月に決定しました。

『キック・アス』は、スーパーマン、バットマン、スパイダーマンの様な彼らはお金や技術、もしくは特殊な能力を持ち、人々を救うスーパーヒーローとは異なる何の力も持たない超等身大ヒーロー。

キック・アスはもちろん、劇中で特に注目を浴びたのはクロエ・グレース・モレッツ演じる美少女暗殺者ヒット・ガール。彼女が美少女に似つかわしくない悪態で敵を罵倒し、容赦なき超絶アクションで鮮烈な印象を残し、絶大な人気を誇っています。さらにはアメコミ好きで知られるニコラス・ケイジがあたかもバットマンのような恰好のヒーロー“ビッグ・ダディ”を怪演したのも話題に。

そして2014年、いよいよ待望の続編『Kick-Ass2』(原題)が日本に上陸することが決定。前作でマフィアの父親を殺されたレッド・ミストが完全なる悪党“マザー・ファッカー”になり下がり、原作でも登場するマザーロシアをはじめとした最凶刺客を解き放ち、キック・アス、ヒット・ガールらを窮地に追い詰める。そこに現れるのがジム・キャリー演じるスターズ・アンド・ストライプス大佐。

キック・アスらは世紀のヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエヴァー”を組み、立ち向かうが……。大スタージム・キャリーが加わり、前作よりもはるかにスケールアップしたアクションに期待大。来年の公開が待ちきれません。個人的には、映画音楽にも期待大。Bad Reputation!

『Kick-Ass2』(原題)ストーリー

デイヴとミンディはキック・アスとヒット・ガールというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡なスクールライフを手にしていた。しかし、卒業を間近に控えたデイヴは将来にすることが見つからず、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、平和を守ることを決意する。彼はキック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐とともにヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエヴァー”を結成し、悪に立ち向かう。しかし、そこにレッド・ミストがキック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、マザー・ファッカーと名前を改め、姿を現す。彼は最凶の刺客を引き連れてキック・アスを倒し、悪事の限りを尽くそうとしていたのだ。今、ヒーロー軍団と悪党軍団の大決戦の火ぶたが切って落とされる!!!

コピーライト表記:(C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP