ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HP、1,600 x 1,200(UXGA)ディスプレイを搭載したAndroid端末「HP Bodhi」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「HP Bodhi」というHPブランドのAndroid端末で実行されたGFX Benchmarkのテスト結果が同アプリの公式サイトに登録されていました。Androidを採用したHPの新型スマートフォン・タブレットかも知れません。「HP Bodhi」という機種はまだ発表されていませんが、Fingerprint情報“hp/bodhi/fig:4.2.2/JDQ39/10:user/test-keys”より、“bodhi”というコードネームを持ち、Android 4.2.2(JDQ39)を搭載していることがわかります。テスト結果からは上記のほか、51~1,810MHz駆動のCPUとTegra GPUを搭載。1600 x 1128ピクセルのディスプレイを搭載していることも確認できます。SoCは、CPUの最小・最大クロックとベンチマークスコアが11位であることを考えると、Tegra 4の可能性があります。仕様上の解像度はおそらく1,600 x 1,200(UXGA)だと思います。HPは4.5インチ1,600 x 900ピクセルのディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「HP BRAVE」を開発していると噂されていますが、コードネームや解像度、プロセッサ仕様は噂の情報と一致していないので、「HP BRAVE」の可能性は低そうです。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
8月15日より横浜市営地下鉄 グリーンライン センター南駅~日吉駅のトンネル区間で携帯電話が利用可能に
Android端末がスリープ中でも通知を画面上に表示して知らせてくれる「ActiveNotifications」アプリがAndroid 4.1.2~Android 4.2.2にも対応
Google Playストアの売上高が半年前と比較して67%増加、成長率でApple AppStoreを上回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP