ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

紙に書いたメモを大量にデータ保存・検索できるメモリー付きデジタルペン『airpenMINI+U』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ea3u_500x500

ぺんてるは、紙に書くと同時に筆跡をデジタルにできるデジタルペン『airpenMINI』シリーズに、大量にメモを保存できる専用メモリー付きの『airpenMINI +U』を新たに追加し、12月10日より発売します。『airpenMINI +U』の専用メモリーに保存したデータは、テキストデータに変換することができ、パソコンから閲覧・検索も可能です。

デジタルペンは、通常のボールペンと同じように紙に書きこんだ筆跡を、デジタルデータとしてパソコンなどに取り込み、保存できるペン。『airpenMINI』シリーズは、ペンに超音波・赤外線発信装置を内蔵しており、小型の受信ユニットとセットで持ち歩ける携帯性の高いデジタルペンとして好評を得ています。

今回発売される『airpenMINI +U』は、『airpenMINI』にUSBメモリーを搭載したモデル。従来の内蔵メモリー(2MB、A5サイズ約100ページ相当)に加えて、2GBのUSBメモリーを搭載したことで、大量のメモ保存が可能になりました。このUSBメモリーには、専用ソフトウェアを搭載しており、パソコンにソフトウェアをインストールすることなく操作できます。

専用ソフトウェアでは、パソコンで手書き文字データを開くと同時に、テキストデータに変換可能。また、検索、分類機能を使えば、まさにノートのページを検索するようにして、蓄積したメモやアイディアを簡単に探すこともできます。コンパクトなペンと受信ユニットながら、数千ページの分厚いノートを持ち歩くような感覚ですね。

専用メモリーにはパスワードロックが付いていますので、万が一紛失したときにも大切なデータを保護することができます。『airpenMINI』のデジタルペンは、筆記時のペンの沈み込みや違和感が少ない感圧スイッチを使用したタイプ。いつものペンでノートに書き込む感覚とほぼ同じ使い心地です。

近ごろ、ライターさんにもデジタルペンを使う人が増えていますが、大容量のメモが保存できるうえ、手書き文字をテキストデータに変換できる専用ソフトウェアも内蔵されているとなれば、ますます普及しそうな予感です。サイズと重さは、受信ユニットがW68×D33×H21mm、約80g、デジタルペンはW18×D14×H154mm、約22g(電池、リフィル含む)。対応OSは、『Windows 2000 SP4』『Windows XP』『Windows Vista』『Windows 7(x64除く)』、『Mac OS X v10.5(Lepard)以上』です。価格はオープンですが、予想販売価格は1万7000円前後です。
 
 

■関連記事
ぺんてる、紙に描いたイラストをデジタル化できる『airpenDraw』限定発売へ
紙の上からインクが消える『ガンジーインク消し万年筆用』復刻発売へ
イラスト・マンガ制作に!ワコムのタブレット『Bamboo Comic』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。