ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主人公に中村悠一! アニメ『バトスピ』新シリーズは宇宙冒険ストーリーでイメージを一新

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


大人気のトレーディングカードゲーム『バトルスピリッツ』から派生した人気アニメシリーズの第6作目『最強銀河  究極(アルティメット)ゼロ』が今秋放送開始。渡辺正樹監督、主人公レイ役の中村悠一さん、敵役キリガ役の諏訪部順一さん、レイの相棒ムゲン役 井口裕香さん、釘宮理恵さん、伊瀬茉莉也さん、福山潤さんらが制作発表会見を行いました。


『最強銀河  究極(アルティメット)ゼロ』は、これまでのイメージを一新し、宇宙を舞台に銀河の彼方にあるという“究極の宝モノ”を目指して、メンバーたちがさまざまな星々を駆け巡る宇宙冒険ストーリー。超無敵カードクエスターレイとレイの相棒ツッコミ大好きちびドラゴン・ムゲンを中心に繰り広げられる物語は、バトスピファンはもちろん、バトスピ初心者も注目のアニメです。

また、豪華声優陣の共演にも注目! 各キャストからのコメントは以下のとおりです。

■渡辺正樹監督

今回は、「明るく」「楽しく」「カッコよく」の3つのワードを軸に作品を作ります。明るく楽しい雰囲気で主人公レイが冒険しますが、とにかくレイがカッコよくて、強い! 悪役もコミカルな感じで、楽しい作品になりそうです。

■中村悠一(レイ)

(デッキの色によって変身する役なので)すでに赤のデッキ・白のデッキ・普段のレイの3タイプを演じています。色が残っているので、まだ違うタイプを演じなければならないのではないかと。キャラごとに性格もかわっていると言われているので、色々考えていかなければと思っています。

■諏訪部順一(キリガ)

レイが主人公らしいカラーなので、敵役としては、伝統を感じるライバル図式だなと。キリガはクールなキャラ。ライバルが輝いてこそ作品が盛り上がると思うので、カッコよく演じていきたいです。

■井口裕香(ムゲン)

レイの相棒を演じています。おならを出しちゃったり、お下品なかわいらしさのある子です(笑)。ちっちゃいながらも一生懸命動くキャラクターなので、小生意気なけなげさを大事に演じていきたいと思います。

■釘宮理恵(リクト)

ライラの弟役です。ほとばしる感想を発する視聴者目線になれるキャラクターを、雰囲気のいい現場で楽しく演じています

■伊瀬茉莉也(ライラ)

リクトのお姉ちゃん。自分の決めたことを貫き通す意志の強さがあります。

■福山 潤(ソルト)

皆さんに「明るく」「楽しく」を届けるキャラクター。おやじギャグやダジャレで、団塊世代にも親しんで頂ければ(笑)。

『最強銀河  究極(アルティメット)ゼロ』
9月22日(日)スタート
毎週日曜 あさ7時~7時30分
メ~テレ制作 テレビ朝日系全国ネット

(C)サンライズ/BANDAI・メ~テレ

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP