ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブッ壊して安心!情報漏えい対策にソフマップが『ハードディスク破壊サービス』を開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

使わないパソコンやハードディスクを廃棄するとき、データを消せないまま処分してしまうこと、ありませんか?万が一、データが流出したら困る場合には、ハードディスクを破壊してもらいましょう。ソフマップは、ビックカメラ内のショップ5店舗を含む21店舗で11月27日から、『ハードディスク破壊サービス』を開始します。

ハードディスクを物理的に破壊することにより、情報漏えいのリスクを最小に抑えるサービス。専用の機械を使ってお客さんの目の前で壊してくれるので、安心してお任せできます。破壊したハードディスクは無料でリサイクルに出してくれるほか、返却してもらうことも可能。同様に携帯電話やCD-R、DVD-Rなどのメディアも破壊してもらえます。

料金は980円。1回当たり2.5インチまたは3.5インチのハードディスクでは1台、携帯電話では1台、DVD-R(RW)やCD-R(RW)、BD-R(RW)、FDDでは10枚まで、ZIPやMOでは5枚までが対象となります。本体やケースからの取り出しには1台当たり別途500円が必要です。出張サービスも用意しており、東京近郊では5台以上の申し込みでサービス料1500円と出張料金2100円がかかります。

■関連記事
ExpressCardスロット接続の高速SSDで快適ネットブック
『OLYMPUS PEN E-P1』でトイカメラ風写真を撮って遊んでみた!【下北沢】
ハードディスクより速く衝撃に強いSSD、USB接続の128GBモデルが登場

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP