ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新ファームウェア「10.3.1.A.0.244」を搭載したXperia Zをroot化する方法が考案される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Zのグローバル版に配信中の最新ファームウェア「10.3.1.A.0.244」でroot化する方法がXDA Developersで公開されました。「10.3.1.A.0.244」より前のバージョンでは、root化ツール「Easy Rooting Toolkit」のv17以前を利用すれば容易にroot化できていましたが、「10.3.1.A.0.244」でその穴が塞がれてしまい、ツールだけではroot化できなくなってしまいました。新たに考案されたroot化手法はXperia Zのカーネルを前回のファームウェア「10.3.A.0.423」に含まれているものに書き換え、「Easy Rooting Toolkit」新バージョンv18を利用するというものです。XDA Developersで配布されている「10.3.A.0.423」のカーネル(XperiaZ_C660X_KernelOnly_10.3.A.0.423_Generic_NL.ftf)をFlashToolを使用してXperia Zに導入し、その後、「Easy Rooting Toolkit v18」に含まれている「runme_win.bat」(Windowsの場合)、「runme_mac.sh」(Macの場合)、「runme_linux.sh」(Linuxの場合)を実行します。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3でも動作するMX動画プレイヤー(テスト版)のapkファイル
x86向けAndroid 4.3のテストビルドがAndroid x86プロジェクトで公開
Android版BlackBerry Messenger(ベータ版)のスクリーンショットが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP